コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンペレ タンペレTampere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンペレ
Tampere

スウェーデン語ではタンメルフォルス Tammerfors。フィンランド南部,ヘメ県の都市。フィンランド第3の大都市ヘルシンキから鉄道で北北西に約 160km,ネシ湖とピュヘ湖にはさまれた地峡上に位置し,両湖を結ぶタンメル川の急流が市を貫流している。文化,産業,商業の中心地。製紙,皮革,繊維,金属工業が発達。 1918年のフィンランド独立戦争では激戦地となった。 15世紀に建造されたメッスキュレの石の聖堂が残存するほか,フィンランド社会科学大学やビューニッキ野外劇場がある。人口 17万 4266 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タンペレ(Tampere)

フィンランド南西部の都市。水位の異なるナシ湖、ピュハ湖を利用した水力発電により、工業都市として発展。ハメーンリンナまで続く湖沼地帯の観光航路の拠点として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

タンペレ

フィンランド南西部,湖沼地帯の中心にある工業都市。内陸交通の中心地で,豊富な水力を基盤に製紙,紡績,製靴,機械などの工業が行われる。1779年スウェーデングスタフ3世が建設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タンペレ【Tampere】

フィンランド南部,首都ヘルシンキから北西170kmにある工業都市。人口16万7000(1981)でフィンランド第2位。二つの湖にはさまれた地峡にある。北のナシ湖から18.6m低いピュハ湖に下るタンメルコスキ河畔に,1821年紡績工場ができた。これはフィンランド近代工業の誕生を意味するもので,その後次々と工場が建ち,19世紀末にはフィンランド第1の工業都市になった。商業と運送業も盛んである。【荻島 崇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンペレ
たんぺれ
Tampere

フィンランド南西部の都市。フィンランド湖水地方の西縁に位置し、内陸都市としては北欧最大である。スウェーデン名タンメルフーシュTammerfors。人口19万7774(2001)で、首都ヘルシンキ、エスポーに次ぎ同国第3位。町の起源は、二つの水位の異なる湖を隔てる大エスカー(堤防状の氷河地形)を切る急流を利用した18世紀以来の水車集落である。1819年にスコットランド人によって導入された紡績機械が、この集落をフィンランドにおける産業革命の最初の場所とした。水陸交通の便と水力発電が成長の要因である。沿岸の工業都市が輸出向けの製材、パルプ、製糸などの工業に偏るのに対し、タンペレの工業は繊維、機械、皮革、食品、ゴム、ペイントなど、国内市場向けの最終製品が重要である。総合大学のほかに、宗教的、文化的施設も多い。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンペレの関連情報