コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タールクダール タールクダールta`alluqdār; tālukdār

3件 の用語解説(タールクダールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タールクダール
タールクダール
ta`alluqdār; tālukdār

タールカ (領地) の持主を意味し,インド封建的土地所有者の名称の一つ。地租の徴収,治安維持などの任にあたった。ムガル帝国時代は,ザミーンダールと同様に,ムガル帝国に直属していた。ムガル帝国後期には,半独立的な政治権力に成長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タールクダール【Tā‘alluqdār】

ペルシア語の〈臣従,従属〉を意味するta‘alluqaと〈所有者〉を示す接尾辞dārの合成語。中世の北部インドでは,世襲的徴税役人や一定地域の徴税・行政・司法権を強く保持した一種の〈領主〉層として活躍した。19世紀に入り,イギリス東インド会社政府による徴税制度の確立過程で,領主的権限は奪われ,しだいにベンガルザミーンダールZamīndārと同様の地主層へと転化していった。ザミーンダーリー制度【重松 伸司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タールクダール
たーるくだーる
Ta‘alluqdr/Tlukdr

ヒンディー語で土地所有者、地主を意味する。元来はアラビア語アラク(依存)を語源として、タールク(関係、税徴収対象地もしくは所有地)+ダール(をもつ者)の意味。北インド、アワド地方の彼らは大土地所有者として、インドの大反乱(1857)で反英に立ち上がり、鎮圧後は一転して対英協力者となった階層として知られる。[長崎暢子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタールクダールの言及

【地主】より

…これらヒンドゥー,ムスリムのジャーギールダールの中には,世襲化,在地化を強めて有力な土豪,領主となる者も現れた。また,インド北部,西部では17世紀以来,タールクダールと呼ばれる大土地所有者も存在したが,彼らは主としてラージプート族,ジャート,グージャルなどの上位カースト集団であり,パンジャーブ地方,西北部地方では彼ら有力カースト集団による同族的な共同所有村落(地主村落)を形成していた。
[南インド]
 南インドではチョーラ朝時代にすでにバラモンたちによって運営されるブラフマデーヤ村落が形成されていた。…

※「タールクダール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone