ダイアナ(Diana Frances Spencer)(読み)だいあな(英語表記)Diana Frances Spencer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイアナ(Diana Frances Spencer)
だいあな
Diana Frances Spencer
(1961―1997)

イギリスの元皇太子妃。称号プリンセス・オブ・ウェールズPrincess of Wales。レディー・ダイアナLady Dianaあるいはダイアナ妃Princess Dianaとよばれることが多い。スペンサー伯爵家に生まれ、中等教育終了後、幼稚園の教師として働いた。その間にチャールズ皇太子との婚約が整い、1981年、20歳になった直後に結婚した。美しいプリンセスとしてその挙動はマスコミの注目を集め、ウィリアム、ヘンリーという2人の王子の母となって、幸せなイメージに包まれていたが、実際にはチャールズの愛人問題による夫との不和が進行し、拒食症におそわれたりしたのち、92年に別居生活を開始した。その後、自らの不倫についての告白も行い、96年、離婚が成立した。皇太子妃時代からさまざまな慈善団体への支援を行い、離婚後もエイズ問題や癌(がん)撲滅運動、地雷禁止運動に積極的にかかわった。離婚後の恋愛相手となったエジプト人の映画プロデューサー、ドディ・アルファイドとの休暇旅行中、97年夏、パリで自動車事故によって死去した。

[木畑洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる