ダイダイ(橙)(読み)ダイダイ(英語表記)Citrus aurantium; sour orange

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイダイ(橙)
ダイダイ
Citrus aurantium; sour orange

ミカン科の常緑小高木。ヒマラヤ地方原産で欧米各地で栽培される。日本には古く中国から伝来し,スペインと並んで世界の主要産地となっている。高さ2~3mになり,葉柄には明瞭な翼がある。花は大型で白色,芳香があり,この花からネロリ油 neroli oilと呼ばれる香油をとる。果実は橙色球形でネーブルオレンジレモンのような頭頂部のへそや乳頭はない。いわゆる酸橙類の代表で果肉は酸味が強く苦みもある。日本では昔から正月の飾り物に用い,だいだい酢やだいだい湯をつくって飲む。また欧米では果実からマーマレードをつくる。果皮を乾燥したものは橙皮と呼ばれ健胃剤の原料となる。本種は他のミカン類の台木にも用いられる。 (→ミカン )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダイダイ(橙)【ダイダイ】

インドシナ〜ヒマラヤ地方原産のミカン科の常緑小高木。葉は中型。花は5弁で白色。果実はだいだい黄色の球形で,250g内外,1〜3月に採取。果皮はやや厚く,わずかに苦味を有する。生食には適さないが,品質のよいマーマレードが作れる。果実は正月の飾りに用い,果汁は酸味が強く橙酢とし料理に利用。
→関連項目オレンジ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイダイ【ダイダイ(橙) sour orange】

赤橙色で野球のボール大の果実がなるかんきつ類(イラスト)。古くから庭先で栽培され,果実はお飾りや食酢などに使われる。総状花序を成し,白色5弁の花が5月に咲く。果実は200gほどで,冬季に色づく。果皮が厚く種子も多い(約30粒,白色多胚)が多汁。酸味強く,5~6%のクエン酸を含む。3月以降す上がりし品質は劣化するが,果実はいったん緑化したのち再着色し翌年まで樹上にとどまる。 インドのアッサムを中心とする地域が原産地といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のダイダイ(橙)の言及

【オレンジ】より

…さらにバレンシアオレンジ(イラスト)などの普通系オレンジcommon orange,ネーブルオレンジnavel orange,血ミカンblood orange(またはpigmented orange),無酸オレンジsugar orange(またはacidless orange)の4種に分類できる。(2)サワーオレンジC.aurantium L.(英名sour orange) ビターオレンジbitter orangeともいわれる。日本のダイダイ(橙)もこの中に含まれる。…

【オレンジ】より

…さらにバレンシアオレンジ(イラスト)などの普通系オレンジcommon orange,ネーブルオレンジnavel orange,血ミカンblood orange(またはpigmented orange),無酸オレンジsugar orange(またはacidless orange)の4種に分類できる。(2)サワーオレンジC.aurantium L.(英名sour orange) ビターオレンジbitter orangeともいわれる。日本のダイダイ(橙)もこの中に含まれる。…

※「ダイダイ(橙)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android