コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイヤモンドヘッド ダイヤモンドヘッド Diamond Head

翻訳|Diamond Head

2件 の用語解説(ダイヤモンドヘッドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ダイヤモンド‐ヘッド(Diamond Head)

米国ハワイ州オアフ島南東部にある火山。標高228メートルホノルルの市街南東部に位置し、ワイキキビーチに隣接する。大きな火口をもつ火砕丘(かさいきゅう)で、方解石の結晶を産する。ハワイ有数の観光地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ダイヤモンドヘッド【ダイヤモンドヘッド】
Diamond Head

アメリカのハワイ州オアフ島ワイキキの東に位置する、標高約232mの火山。約10万年前に噴火し、そのときにできた火口は、直径1200mにも及ぶ。頂上には小さな展望台があり、目の前には広大な海と水平線、ワイキキの町、東側にはココヘッド、北東にはコウラウ山脈と、360度のパノラマビューが広がる。◇山稜(さんりょう)がダイヤモンドの稜角(りょうかく)に似ていることから、この名がついた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダイヤモンドヘッドの言及

【ダム】より

…高さ106m)などがある。
[中空重力ダムhollow gravity dam]
 上流側のダイヤモンドヘッド(貯水を止めるため上流側に設けるブロックで,八角形の断面をもつものが多いのでこう呼ぶ),中間の扶壁,下流側のティル(耐震性を増すため扶壁の下流端に張ったコンクリート壁)が一体となったIまたはII字形の水平断面をもつコンクリートを並べたダム。その内部に空洞があるのでダム底に作用する揚圧力が少なくなるという利点を生かし,さらに上流面のこう配を緩くした三角形の横断面としてその上にのる貯水池の水の重さを利用して空洞によりダムの重量が減った分を補っており,重力ダムと同様にして転倒や滑動に対する安定性を確保している。…

※「ダイヤモンドヘッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダイヤモンドヘッドの関連キーワードオアフ島ワイキキビーチハワイ大学ワイキキオアフ島のアトランティスサブマリンオアフ島のカメハメハ大王像カピオラニパークワイキキシェルワイキキ水族館ワイキキの魔法石

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイヤモンドヘッドの関連情報