ダニロワ(英語表記)Danilova, Alexandra

  • 1904―1997
  • Alexandra Danilova

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1903.11.20. ロシア帝国,ペテルホフ
[没]1997.7.13. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ニューヨーク
ロシア生まれのアメリカ合衆国のバレリーナ。ペトログラードの帝室舞踊学校卒業後,マリインスキー劇場バレエ団に入り,1924年ジョージ・バランシンらとともにセルゲイ・パブロビッチ・ディアギレフバレエ・リュスに参加。以後母国には戻らず,1933年ド・バジルバレエ団,1938年バレエ・リュス・ド・モンテカルロ,1952年フェスティバル・バレエ団(→イングリッシュ・ナショナル・バレエ団)などを転々とし,1954~56年自身のバレエ団を組織した。数々の役を演じ,また『ジプシー男爵』『ボリス・ゴドゥノフ』などを復活上演した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ロシア生れの女性舞踊家。ペテルブルグの帝室舞踊学校で学び,学校時代にロシア革命を体験する。1924年バランチンらと一緒にソ連を離れ,ディアギレフに見いだされて〈バレエ・リュッス〉に参加。1930年代以降は〈バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ〉などでプリマ・バレリーナとして活躍,その美しさで名声を博した。1957年に引退したのちは欧米で舞踊教師として後進の指導に当たった。当たり役は《美しきダニューブ(美しいドナウ)》の街の踊り子,《パリの喜び》の手袋売り(両作品ともマシン振付)など。1953年に初来日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1904‐97
ロシア生れの女流舞踊家,舞踊教師。ペテルブルグの帝室舞踊学校を卒業後,マリインスキー劇場に入り,1924年バランチンらとともに故国を去り,ディアギレフのバレエ団に参加した。30年代には〈バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ〉のプリマとして世界的名声を得た。日本には3回(1953,55,57)訪れて踊ったほか,牧阿佐美バレエ団の指導も行った。引退後,主としてニューヨークで舞踊教師として活躍している。81年にも来日し,牧阿佐美バレエ団のために《コッペリア》を新しく振付した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシア生まれのアメリカで活躍したバレリーナ。ペトログラード(サンクト・ペテルブルグ)の帝室舞踊学校卒業後、マリンスキー劇場バレエ団に入る。1924年バランチンらとともに小グループでヨーロッパを巡演後、同年ディアギレフのロシア・バレエ団に参加、『ネプチューンの勝利』『ミューズを率いるアポロ』などに出演した。ディアギレフの死(1929)後、33年にド・バジル・バレエ団、38年にバレエ・リュス・ド・モンテカルロにソリストとして参加、マシーン振付けの『美しきドナウ』『パリの賑(にぎ)わい』などを踊った。54年ニューヨークに自身のバレエ団を創設したが、57年に引退。その後はバランチンに協力してニューヨーク・シティ・バレエ団のために『コッペリア』を振り付けたり、アメリカン・バレエ学校で後進の指導にあたった。[國吉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のダニロワの言及

【バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ】より

…ディアギレフの後を継ごうとした多くの企てのなかで,このバレエ団が最も成功した。その原因は,ディアギレフ一座の支え手の一人であったグリゴリエフSergei Grigoriev(1883‐1968)を舞台監督に迎え,同じく主役舞踊手であったA.ダニロワ,チェルニショワ,ボイジコフスキーらを擁して演目の水準の維持,座員の質の向上を図ったことである。また,史上初めてという10代前半,またはそれに準ずる踊り手,T.トゥマーノワ,バロノワ,リャブーシンスカの3人をベビー・バレリーナとして主役に抜擢し,人気を博したことにある。…

※「ダニロワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android