コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマール ダマール Dhamār

6件 の用語解説(ダマールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマール
ダマール
Dhamār

イエメン中部,首都サヌア南南東 100kmにある町。イエメン高地の標高 2400mに達する2つの火山にはさまれた幅 19kmの谷間に位置する。神話によれば多くの遺跡は聖書時代にさかのぼるとされるが,最初の確かな史料は 12世紀のもので,美しい建物と肥沃な土地のことが記されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ダマール
ダマール

ダンマル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダマール(dammar/damar)

東南アジア産のフタバガキ科の樹木から得られる天然樹脂の一。主成分トリテルペンアルコールテレビン油石油ベンゼンなどによく溶け、コーパルとともにワニスラッカーなどに用いる。ダンマルダンマー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダマール

ダンマルdammarとも。東インド諸島,モルッカ,マレー,タイ,インドなどに分布するフタバガキ科の多種の植物から得られる天然樹脂。無色〜黄褐色,透明または不透明の固体で,テレビン油,石油,ベンゼンアルコールなど有機溶剤に可溶。
→関連項目樹脂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ダマール【dammar】

ダンマル,ダンマー,ダマルともいわれる天然樹脂。生産する樹木はフタバガキ科のサラノキ属Shorea,バラノカルプス属Balanocarpus,ホペア属Hopea,バチカ属Vaticaなどに属するものがふつうで,東南アジアに生育する。採取は,樹に傷をつけてしみ出てくるものを採ることもあるが,自然に幹から出たもの,半化石状のものを集める場合が多い。フタバガキ科からとれるものがほとんどすべてであるので,化学組成は,原産樹木の種類の差による違いをあまり示さない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ダマール【dammar】

天然樹脂の一。マレー半島・カリマンタン島・スマトラ島などに産するフタバガキ科の樹木が分泌するやに。無色ないし淡黄色で、主成分はトリテルペン。塗料の原料。ダンマー。ダンマル。ダマル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダマールの関連キーワードダンマルダンマルクサンマルコ寺院ダンマムさんまるだんまや水産デンマーク放送交響楽団ボン・マルシェモンマルトルのメグレダンマルワニス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダマールの関連情報