コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルブー Darboux, Jean Gaston

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルブー
Darboux, Jean Gaston

[生]1842.8.14. ニーム
[没]1917.2.23. パリ
フランスの数学者。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) を卒業後,コレージュ・ド・フランスの J.ベルトランのもとで数理物理学の助手 (1866~67) ,ルイ・ル・グラン高等中学校の教師 (67~72) ,高等師範学校講師 (72~73) ,パリ大学の力学教授 (73~80) ,幾何学教授 (80~89) ,理学部長 (89~90) 。すぐれた教師であり有名な数学者であっただけでなく,有能なオルガナイザーでもあった。数学上の業績はほとんどが幾何学に関するもの。ほかに2階の偏微分方程式や関数の近似に関するものやダルブーの定理がある。『曲面の一般理論と無限小解析の幾何学的応用についての講義』 (全4巻,87~96) はダルブーの最も重要な業績の1つであり,その後長い間,微分幾何学の標準的テキストとして読まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダルブー【Jean‐Gaston Darboux】

1842‐1917
フランスの数学者。南フランスのニームに生まれ,早くから数学の才能をあらわす。1861年,エコール・ポリテクニク,エコール・ノルマル・シュペリウールに首席で入学を許されたが,教育への固い信念から,当時圧倒的人気のあった前者よりも後者を選んで話題となった。66年直交曲面族の理論で学位を得,リセの教官となる。72年エコール・ノルマル・シュペリウールの講師,81年ソルボンヌ大学教授,89年同大学理学部長。この間,解析学の研究において顕著な業績を残し,以後解析学と幾何学との融合に力を尽した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ダルブー【Jean Gaston Darboux】

1842~1917) フランスの数学者。古典微分幾何学の集大成者。解析学と幾何学の融合に尽力、彼の創案になる動座標系の方法は、今日の微分幾何の展開に大きな役割を果たした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルブー
だるぶー
Jean-Gaston Darboux
(1842―1917)

フランスの数学者。ニームに生まれ、パリのエコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)を卒業後、同校講師(1872~1873)、ソルボンヌ大学(パリ大学)の力学准教授(1873~1880)、同じく高等幾何学教授(1880~1889)、理学部長(1889~1890)を務め、1884年からは学士院終身会員となり、1900年に同幹事長を務めた。
 彼の研究は主として幾何学に関するもので、直交曲面についての論文(1866)、学位論文の二階偏微分方程式についての論文(1870)がある。また「偏微分方程式の特異解」の論文は1876年に学士院賞を受けた。主著は4巻からなる『曲面の一般理論および微積分の幾何学的応用』(1878~1896)で、彼以前の多くの研究を含み、後世に益するところが多い。[小松醇郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のダルブーの言及

【幾何学】より

…このようにして,微積分学を用いて曲線や曲面の性質を研究する微分幾何学が始まったが,19世紀の初めに,ガウスが曲面論の基礎を確立し,曲面上の幾何学を展開するに及んで,数学の一分科としての微分幾何学が成立した。この後,19世紀にはボネO.Bonnet(1819‐92),ベルトラミE.Beltrami(1835‐1900),M.S.リー,J.G.ダルブーらによって,ユークリッド空間における曲線や曲面についての多くの興味ある結果が見いだされた。20世紀に入ると,クラインの思想の影響を受けて,射影空間の曲線や曲面の射影変換で不変な性質を微分学を用いて研究する射影微分幾何学がフビニG.Fubiniらによって研究され,その他のいろいろな空間に対しても同様の微分幾何学がブラシュケW.Blaschke(1885‐1962)らによって研究された。…

※「ダルブー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダルブーの関連キーワードエコール・ポリテクニクマダガスカルジャスミンオルガナイザーラウンドブーケ8月14日コレージュ西澤由貴カルタンフレシェリー尽力創案

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android