コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルマ・シャーストラ ダルマ・シャーストラ Dharma-śāstra

2件 の用語解説(ダルマ・シャーストラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルマ・シャーストラ
ダルマ・シャーストラ
Dharma-śāstra

インドの法典。日常の宗教的儀式,権利,義務,民法,刑法,訴訟などのことを述べ,さらに神話,伝説に基づいた宇宙論,未来論にまで及ぶのを例とし,通常韻文で書かれている。『マヌ法典』『ヤージニャバルキヤ法典』などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルマ・シャーストラ
だるましゃーすとら
Dharmastra

インドの古法典の呼称。法典は紀元前5世紀ごろから二千数百年間にわたって非常に多く著作され、いずれもバラモンの手によってサンスクリットで書かれ、ヒンドゥー教徒の生活規範、法規範として尊重された。法典に扱われた事項は、宗教的義務、生活規範、王の職務、法律、贖罪(しょくざい)など多岐にわたり、法規定はその一部にすぎないが、重要な部分であって、古典ヒンドゥー法とよばれる。最初期につくられたものはダルマスートラであり、各ベーダ学派所属のバラモンを対象として簡潔な散文で説かれ、そこに王の義務と法規定が加えられた。有名な『マヌ法典』はこれらを集大成し、しかも広範な人々を対象として記憶に適した韻文で書かれ、その規定は飛躍的に詳細となり、法規定は著しく発展した。この法典はバルナ(種姓)制度を完成した形で述べ、バラモンの間で権威を獲得した。そのあとマヌのような太古の聖仙が述べ伝えたとされる法典が次々につくられ、4~7世紀には裁判の準則を意図して法規定だけを記した諸法典が著された。7、8世紀ごろからは、これらの法典に対する注釈書、ついで各項目ごとに諸法典から規定を集めて解説した綱要書が著作されるようになり、11~13世紀にはその絶頂に達し、ベンガルの相続法の権威書『ダーヤバーガ』とデカンで著作された最高の法学書『ミタークシャラー』とが有名である。その後も19世紀初めに至るまで各地方で著作が続けられ、法に関しては訴訟法、相続法、刑法が発展した。[山崎利男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダルマ・シャーストラの関連キーワード宗教社会学ベーダマラエ異教ヒンズー教宗教活動宗教儀礼ケーシャブ・チャンドラ・セーンダルマ・シャーストラボスウェリア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone