コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンドーク ダンドークDundalk

3件 の用語解説(ダンドークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンドーク
ダンドーク
Dundalk

アイルランド東部,レンスター地方北東部,ラウズ県の県都。ダブリンの北約 75km,アイリッシュ海ダンドーク湾に面する港町で,カッスルタウン川河口付近に位置する。 10世紀のノール人侵入以降,アングロ・ノルマン,スコットランドエドワードブルースの侵攻など波乱に富む歴史をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダンドーク【Dundalk】

アイルランド北東部のラウズ県の県都。人口2万5663(1981)。地名は〈デルガの砦〉という古代の砦の名に由来する。ダンドーク湾に臨む商業,海運,工業の中心都市。後背地では牧畜,酪農,穀類およびジャガイモの生産が盛んであり,都市部では,タバコ製造業,醸造業をはじめ,履物類,織物などの生産が行われている。1315年スコットランドから侵入したエドワード・ブルースが占領し,アイルランド王を僭称したが,18年エドワード2世軍に敗れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンドーク
だんどーく
Dundalk

アイルランド共和国北東部、ラウス県の県都。ダブリンの北80キロメートル、ダンドーク湾に注ぐカースルタウン川の河口に位置する。人口2万7399(2002国勢調査速報値)。鉄道・道路交通の要衝で港湾もある。羊毛(ウーステッド)などの繊維工業やギネス・ビールの醸造業が立地する。ヘンリー2世(在位1154~89)によるイギリスのアイルランド征服以降、「イギリス人の柵(さく)内」の町としてその支配拠点となった。セント・パトリック教会、セント・ニコラス教会がある。[米田 巌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダンドークの関連情報