コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルニー チェルニーČzerny, Karl

6件 の用語解説(チェルニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルニー
チェルニー
Čzerny, Karl

[生]1791.2.20. ウィーン
[没]1857.7.15. ウィーン
オーストリアピアニスト,教育家,作曲家。ベートーベンに学び,幼少時から才能を発揮し,ピアニストとして将来を嘱望された。しかし内気な性格から,20代で演奏界から引退し,以後教育者としてリストや多くの音楽家を育てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チェルニー(Karl Czerny)

[1791~1857]オーストリアのピアノ奏者・教育家・作曲家。ベートーベンクレメンティらに師事。ピアノのための練習曲を多数作曲し、その教則本は今日でも広く用いられる。ツェルニー。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

チェルニー

オーストリアの作曲家,ピアノ奏者。ウィーンに生まれ,幼時よりピアノを学び,1800年ウィーンでデビューベートーベンフンメルクレメンティにも師事し,若くして演奏家として成功をおさめた。
→関連項目サリエリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェルニー【Carl Czerny】

1791‐1857
オーストリアの作曲家,ピアニスト。ピアノ教則本の作曲で知られる。ベートーベンやフンメルに師事,若くして演奏家および教育者としての名声を確立。1837年にはパリとロンドン,46年にイタリアそれぞれ演奏旅行を行ったほかはウィーンを中心に活動。F.リストも彼に師事した。作品の多くはピアノ教則本で,いわゆる《チェルニー100番》(作品139)や《チェルニー30番》(作品849)ほかがある。【西原 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チェルニー【Karl Czerny】

1791~1857) オーストリアのピアノ奏者・作曲家。ベートーベンに師事。演奏活動よりもピアノ教授、作曲活動に専念。「ピアノ練習曲集」は、今日も教本として用いられている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェルニー
ちぇるにー
Carl Czerny
(1791―1857)

オーストリアのピアノ奏者、教師、作曲家。ウィーンで音楽家の家系に生まれ、父にピアノを学び、10歳でデビュー。ベートーベンに認められその愛弟子(まなでし)として活躍したが、内気で、あがりやすい性格のため20代前半で演奏活動からは退き、以後教育と作曲に専念、ウィーン最高の教師として絶大な名声を得た。弟子にはリストがいる。初心者から専門家までを対象とする数多くの練習曲を残しており、その多くが今日も代表的なピアノ教則本として広く用いられている。[大久保一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チェルニーの関連キーワード真珠岩市川団十郎アメリカ合衆国憲法合衆国憲法修正第2条魔笛ウシオ電機安積艮斎医学館ウェスリー海国兵談

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェルニーの関連情報