コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルニー Čzerny, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルニー
Čzerny, Karl

[生]1791.2.20. ウィーン
[没]1857.7.15. ウィーン
オーストリアのピアニスト教育家,作曲家。ベートーベンに学び,幼少時から才能を発揮し,ピアニストとして将来を嘱望された。しかし内気な性格から,20代で演奏界から引退し,以後教育者としてリストや多くの音楽家を育てた。 1000曲をこえる作品は,宗教音楽や劇音楽から交響曲まであらゆる種類に及ぶが,特に教育用のピアノ曲にすぐれたものが多く,なかでも op.849は『チェルニー 30番』,op.299は『チェルニー 40番』,op.740は『チェルニー 50番』として,日本でもピアノ学習者必修の教則本とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チェルニー

オーストリアの作曲家,ピアノ奏者。ウィーンに生まれ,幼時よりピアノを学び,1800年ウィーンでデビュー。ベートーベンフンメルクレメンティにも師事し,若くして演奏家として成功をおさめた。
→関連項目サリエリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェルニー【Carl Czerny】

1791‐1857
オーストリアの作曲家,ピアニスト。ピアノ教則本の作曲で知られる。ベートーベンやフンメルに師事,若くして演奏家および教育者としての名声を確立。1837年にはパリとロンドン,46年にイタリアにそれぞれ演奏旅行を行ったほかはウィーンを中心に活動。F.リストも彼に師事した。作品の多くはピアノ教則本で,いわゆる《チェルニー100番》(作品139)や《チェルニー30番》(作品849)ほかがある。【西原 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チェルニー【Karl Czerny】

1791~1857) オーストリアのピアノ奏者・作曲家。ベートーベンに師事。演奏活動よりもピアノ教授、作曲活動に専念。「ピアノ練習曲集」は、今日も教本として用いられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェルニー
ちぇるにー
Carl Czerny
(1791―1857)

オーストリアのピアノ奏者、教師、作曲家。ウィーンで音楽家の家系に生まれ、父にピアノを学び、10歳でデビュー。ベートーベンに認められその愛弟子(まなでし)として活躍したが、内気で、あがりやすい性格のため20代前半で演奏活動からは退き、以後教育と作曲に専念、ウィーン最高の教師として絶大な名声を得た。弟子にはリストがいる。初心者から専門家までを対象とする数多くの練習曲を残しており、その多くが今日も代表的なピアノ教則本として広く用いられている。[大久保一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チェルニーの関連キーワードリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)ハリーナ チェルニー・ステファニスカショパン国際ピアノ・コンクールショパン国際ピアノコンクールチェルニー・ステファニスカL. シュトロウガルチェルノムイルジンシュトロウガル10月27日乳児栄養障害12月30日チェコ事件ディアベリピアノ奏法2月21日ショパンフィビヒ大久保専念教本

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android