コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チキソトロピー thixotropy

翻訳|thixotropy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チキソトロピー
thixotropy

揺変性ともいう。振盪 (しんとう) ,攪拌など単なる機械的刺激によって,可逆的にゾルからゲル,ゲルからゾルに転移する現象。一応固化しているゲル状態の砂層が地震の振動によって暫時液状のゾル状態になるような現象。新潟地震のとき地下水とともに砂が吹上げられ,また重量のある高層アパートが土にめりこみ倒れたのもこの現象による。大阪,名古屋など沖積平野の砂泥層でも地震による建築物の被害のなかにこの現象によると指摘されたものがある。土木用語のクイックサンドはこの性質のある砂のこと。ゾルがゲルに転移するために起る現象として,クラゲの化石の成因があげられる。また粘土に落ちた雨滴に掘られた穴の形がそのまま残ることは実験できるので,地層の中にみられる雨滴の化石もこの現象によるものとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チキソトロピー

揺変とも。温度が一定のもとで,ゲルに攪拌(かくはん),振りまぜ等の応力を加えると粘度が減少してゾル化し,攪拌等をやめると,もとのゲルに戻る現象をいう。水酸化アルミニウムのコロイド液などでみられる。
→関連項目レオロジー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

チキソトロピー

 ゲルの性質で,振動などによって粘度が低下するが,静置するともとに戻る性質.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のチキソトロピーの言及

【コロイド】より

…外力が加わっても分子鎖の結合がほどけてゾルとなり,放置すると再びゲルとなる。このようにゾル‐ゲルの変換が可逆的に起こり,かつその変換にかなりの時間がかかると,チキソトロピーなどの複雑な力学的性質を示すようになる。線状高分子を化学的に架橋し網目状高分子とすると,水で膨潤しゲルとなるが,流動性をもつゾルにはならない。…

【レオロジー】より

…高分子物質の溶液も理想的な粘性流動とは異なる挙動(非ニュートン流動)を示す。
[チキソトロピーとダイラタンシー]
 静置状態では流動性をもたないゼリー状の物質に外力を加えると流動性を示し,さらに静置すれば元に戻ることがある。これは何回でも繰り返せる。…

※「チキソトロピー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チキソトロピーの関連キーワードチキソトロピックシキソトロピー印刷適性液状化揺変

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チキソトロピーの関連情報