コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチカステナンゴ Chichicastenango

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チチカステナンゴ
Chichicastenango

グアテマラ南西部の都市。首都グアテマラ市の北西約 70km,標高約 2130mの山間にある。周辺の高地に住むインディオキチェ・マヤ族の定期市が開かれる市場町として知られ,同国の最も有名な観光地の一つとなっている。木曜,日曜の市日にはインディオが農牧産品,綿織物,毛織物などを持って続々と集り,町の中央にある大きな広場で物々交換を行う。広場を囲んで聖トマス,エルカルバリオ両聖堂や,ドミニコ会の修道院などがあり,同修道院では 1690年に,マヤ神話を知るうえで貴重な資料となっている古文書ポポル・ブフが発見された。パンアメリカン・ハイウェーから分岐する道路が通じる。人口 5569 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チチカステナンゴ(Chichicastenango)

グアテマラ中部、キチェ県の町。町の中心にサントトマス教会があり、キチェ族をはじめとする近隣のマヤ系先住民による市が開かれる。18世紀にマヤの創生神話が記された古文書「ポポル‐ブフ」が発見された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

チチカステナンゴ

中米,グアテマラ中西部の高原都市。古くからのキチェー・マヤ族の交易都市。日曜と木曜の定期市は観光の対象となっている。サント・トマス教会の階段と基段で,インディオ的要素と融合した儀式が行われる。約8000人。
→関連項目ポポル・ブフ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チチカステナンゴ【Chichicastenango】

グアテマラ中西部の高原都市で,キチェー・マヤ族農民の交易中心地として知られる。町には混血のラディノが1000人,近隣の高原部に原住民が2万人住んでいる。木曜日と日曜日に開かれる彼らの定期市は観光名物でもある。サント・トマスとクラバリオ教会の階段と基壇で原住民の宗教儀式が行われる。1542年に建設されたドミニコ会の修道院では,18世紀初めにマヤ族の重要な古文書《ポポル・ブフ》の手稿が発見された。【山崎 カヲル】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チチカステナンゴ
ちちかすてなんご
Chichicastenango

中央アメリカ、グアテマラ中部の観光都市。首都グアテマラ市の北西90キロメートルに位置する。人口3700(1994)。マヤ系先住民であるキチェの中心的市場町で、織物などの工芸品が生産され、日曜日と木曜日に市(いち)が開かれる。サント・トマス寺院などの教会があり、キチェの神話を記したマヤ古文書『ポポル・ブフ』が発見された地として知られる。[栗原尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チチカステナンゴの関連キーワードモタグア川

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android