コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチブコウモリ(秩父蝙蝠) チチブコウモリ Eastern barbastelle

1件 の用語解説(チチブコウモリ(秩父蝙蝠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チチブコウモリ【チチブコウモリ(秩父蝙蝠) Eastern barbastelle】

翼手目ヒナコウモリ科の哺乳類。トウブチチブコウモリともいう。全身黒色に近く,顔が扁平で中型の虫食性のコウモリ。日本では1883年埼玉県秩父郡で1頭初めて採集された。和名はこの地名に由来する。カフカスからインド北部,中国西部および日本(北海道・東北・関東・中部地方)に分布するが,どの地域でもきわめてまれである。日本では人家内,洞窟内に単独で冬眠し,夏の活動期にミズナラカラマツなどの混交林にすむ。前腕長40~42mm,頭胴長49~62mm,鼻孔が大きく,吻(ふん)の先に毛で覆われた球形の突起とその両側に深い溝をもち,三角形の耳介は頭頂部で合一し,体は濃い黒茶色を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チチブコウモリ(秩父蝙蝠)の関連キーワード翼手類油蝙蝠大蝙蝠小笠原大蝙蝠菊頭蝙蝠血吸蝙蝠天狗蝙蝠日避猿兎蝙蝠山蝙蝠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone