コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヂミザサ

百科事典マイペディアの解説

チヂミザサ

イネ科の多年草ユーラシアの温帯〜亜熱帯に広く分布し,日本全土の野原や山地の半陰地にごく普通にはえる。茎の基部は匍匐(ほふく)枝状に横にはい,上部は立ち上がって高さ10〜30cmとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チヂミザサ【Oplismenus undulatifolius (Arduino) Roem.et Schult.】

林の下や縁の半陰地にやや普通にみられるイネ科の多年草(イラスト)。茎は細く長く,その下部は走出枝状に長く横にはい,まばらに枝分れし,上部と枝は立ち上がって高さ10~30cmになる。葉は狭卵形または広披針形で,長さは3~7cm,幅は1~1.5cm,先はとがり,質は薄く,鮮緑色である。夏から秋にかけて,茎の頂に長さ10cm内外の細い花序を出し,花序の中軸の5~9節に小穂が密集してつく。小穂は緑色の卵形で,長さは約3mm,短い毛があり,2個の苞穎(ほうえい)の先に長い芒(のぎ)が出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チヂミザサ
ちぢみざさ / 縮笹
[学]Oplismenus undulatifolius (Arduino) Roem. et Schult.

イネ科の一年草。稈(かん)は基部で分枝して地上をはい、斜め上に伸び高さ10~30センチメートルに達する。葉は披針(ひしん)形で長さ3~7センチメートル、幅1~1.5センチメートル、縁(へり)は多少波形になる。8~10月、稈頂にごく短い小花穂6~10個からなる総状花序をつける。小穂は長さ約3ミリメートル、2個の小花がある。第1包穎(ほうえい)には太く直立した芒(のぎ)がある。日本全土の平地や丘陵の林内に群生し、アジア、アフリカ、ヨーロッパの暖地に広く分布する。名は、葉がササに似て、縁は波状に縮むことによる。小花穂が2~7センチメートルと長いのが、近縁種エダウチチヂミザサである。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チヂミザサの関連情報