コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヂミザサ

3件 の用語解説(チヂミザサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チヂミザサ

イネ科の多年草ユーラシアの温帯〜亜熱帯に広く分布し,日本全土の野原や山地の半陰地にごく普通にはえる。茎の基部は匍匐(ほふく)枝状に横にはい,上部は立ち上がって高さ10〜30cmとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チヂミザサ【Oplismenus undulatifolius (Arduino) Roem.et Schult.】

林の下や縁の半陰地にやや普通にみられるイネ科の多年草(イラスト)。茎は細く長く,その下部は走出枝状に長く横にはい,まばらに枝分れし,上部と枝は立ち上がって高さ10~30cmになる。葉は狭卵形または広披針形で,長さは3~7cm,幅は1~1.5cm,先はとがり,質は薄く,鮮緑色である。夏から秋にかけて,茎の頂に長さ10cm内外の細い花序を出し,花序の中軸の5~9節に小穂が密集してつく。小穂は緑色の卵形で,長さは約3mm,短い毛があり,2個の苞穎(ほうえい)の先に長い芒(のぎ)が出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チヂミザサ
ちぢみざさ / 縮笹
[学]Oplismenus undulatifolius (Arduino) Roem. et Schult.

イネ科の一年草。稈(かん)は基部で分枝して地上をはい、斜め上に伸び高さ10~30センチメートルに達する。葉は披針(ひしん)形で長さ3~7センチメートル、幅1~1.5センチメートル、縁(へり)は多少波形になる。8~10月、稈頂にごく短い小花穂6~10個からなる総状花序をつける。小穂は長さ約3ミリメートル、2個の小花がある。第1包穎(ほうえい)には太く直立した芒(のぎ)がある。日本全土の平地や丘陵の林内に群生し、アジア、アフリカ、ヨーロッパの暖地に広く分布する。名は、葉がササに似て、縁は波状に縮むことによる。小花穂が2~7センチメートルと長いのが、近縁種エダウチチヂミザサである。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チヂミザサの関連キーワード隔世遺伝帯化家蠅縁の下大袘陰地沓石赤山蟻地紋白条天牛

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チヂミザサの関連情報