コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チミン thymine

翻訳|thymine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チミン
thymine

DNAを構成するピリミジン塩基の一つ。ウラシルにメチル基が1つ入ったもので,構造は2,4-ジオキシ-5-メチルピリミジン (分子式 C5H6N2O2 ) 。 RNA中には一般に存在しないが,転移 RNAに微量に出現する。チミジンとして DNA中に存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チミン

ヌクレオチド

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

チミン

 C5H6N2O2 (mw126.12).

 DNAを構成するピリミジン塩基の一つ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

チミン【thymine】

ピリミジン塩基の一。化学式 C5H6N2O2  DNA を構成する成分の一つで、二重螺旋の中ではアデニンと塩基対をなす。略号 T   → ウラシル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チミン
ちみん
Thyminドイツ語
thymine英語

5-メチルウラシルともいう。核酸、とくにデオキシリボ核酸(DNA)を構成するピリミジン塩基の一種。DNAを塩酸などで加水分解すると得られる。分子量126.1。単離されたものは星形または針状結晶を呈する。326℃で分解。冷水にはやや溶けにくいが、熱水、アルカリには溶けやすい。DNA中ではアデニンと対(つい)をなして水素結合をつくり、二重螺旋(らせん)構造の形成に関与している。
 なお、リボ核酸(RNA)中ではチミンに相当するところはウラシルがかわりに入っている。ただし例外として、転移RNAでは1分子(約100個のヌクレオチドからなる)当り1個程度のチミンが含まれており、特別な役割を果たしていると考えられる。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチミンの言及

【核酸】より

…DNAでは糖の部分が2‐デオキシ‐D‐リボース(2‐deoxy‐D‐ribose)であるのに対して,RNAのそれはD‐リボース(D‐ribose)である。さらにDNAの塩基はアデニンadenine(Aと略す),グアニンguanine(G),シトシンcytosine(C),チミンthymine(T)の4種からなるが,RNAの場合はチミンの代りにウラシルuracil(U)が用いられる(図2)。DNAもRNAもこれら4塩基がいろいろな順序で多数配列した巨大分子であり,場合によってはこれら塩基に特殊な修飾の加わった(例えばメチル化された)微量塩基が少量存在することもある。…

【ピリミジン塩基】より

…生体中では,プリン塩基とともにヌクレオチドとして核酸の構成単位となる。DNA中にはシトシンとチミンが,RNA中にはシトシンとウラシルが含まれる。DNA中で紫外線照射により二量体となり,遺伝子傷害の原因となる。…

※「チミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チミンの関連キーワードコッセル(Albrecht Kossel)ピリミジンヌクレオチドDNAコンピューター次世代シーケンサーE. シャルガフシャルガフの法則二重らせん構造バーディン広場DNAと塩基パックボ洞窟ホーチミン廟ウリジル酸シャルガフプリン塩基二重螺旋ジアジンコッセル塩基配列カントーベトミン

チミンの関連情報