チャンドラー(読み)ちゃんどらー(英語表記)Raymond Chandler

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンドラー(Raymond Chandler)
ちゃんどらー
Raymond Chandler
(1888―1959)

アメリカの推理作家。ハードボイルド推理小説のエスプリに到達した作家として世評が高い。1933年に最初の作品をパルプ・マガジンに発表し、39年の『大いなる眠り』で高い評価を得たが、探偵フィリップ・マーローはこのときの創造である。54年にエドガー賞を受賞した『長いお別れ』は彼の最高傑作といわれ、その凝縮された描写、皮肉な会話、サスペンスと暴力の漂う雰囲気、構成力のあるプロットなどで都会的文学性を漂わせている。ハリウッドの脚本家として、一時期活躍したこともある。[梶 龍雄]
『『世界ミステリ全集5 チャンドラー』(1972・早川書房) ▽フランク・マクシェイン著、清水俊二訳『レイモンド・チャンドラーの生涯』(1981・早川書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャンドラーの関連情報