コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドラー チャンドラー Chandler, Alfred Dupont, Jr.

10件 の用語解説(チャンドラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンドラー
チャンドラー
Chandler, Alfred Dupont, Jr.

[生]1918.9.15. デラウェア,ガイエンコート
[没]2007.5.9. マサチューセッツケンブリッジ
アメリカ合衆国の経営史学者。 1940年ハーバード大学卒業後一時海軍に所属,第2次世界大戦後母校に帰り,1952年同大学より博士号取得。 1950年マサチューセッツ工科大学 MITに移り,1960~63年同教授,1963年ジョンズ・ホプキンズ大学教授となり,1971年以降ハーバード大学ビジネス・スクール経営史担当教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

チャンドラー
チャンドラー
Chandler, Raymond

[生]1888.7.23. イリノイシカゴ
[没]1959.3.26. カリフォルニア,ラホイア
アメリカ合衆国の推理小説作家。フルネーム Raymond Thornton Chandler。離婚した母に連れられて幼い頃にイギリスに渡り,第1次世界大戦でイギリス軍に加わった。戦後アメリカに戻り石油会社に勤め,40歳代も半ばになってから創作を始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

チャンドラー
チャンドラー
Chandler, Zachariah

[生]1813.12.10. ニューハンプシャー,ベッドフォード
[没]1879.11.1.
アメリカの政治家。連邦上院議員 (1857~75,79) 。南北戦争中は共和党急進派として活躍。 1861年軍事行動の活発化を主張するとともに,奴隷解放の実現を政府に迫った。 75~77年 U.グラント政権の内務長官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チャンドラー(Raymond Chandler)

[1888~1959]米国の推理小説家。私立探偵マーロウを主人公とする一連の作品でハードボイルド派の代表的存在となった。作「大いなる眠り」「長いお別れ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チャンドラー

米国の推理小説作家。ハードボイルドの創始者の一人。シカゴのクエーカー教徒の家に生まれ,英国で教育を受ける。初め石油事業に専念,45歳から文筆生活に入る。代表作に《大いなる眠り》(1939年),《かわいい女》(1940年)《長いお別れ》(1954年)など。
→関連項目アルトマン暗黒小説ギムレット田中小実昌ホークスミッチャム

チャンドラー

現代を代表する米国の経営史家。1962年の著《経営戦略と組織》で,〈組織は戦略にしたがう〉という有名な命題を立て,多角化戦略事業部制との関係の一般化を試みた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

チャンドラー

円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。有翼怪獣。初登場作品は『ウルトラマン』。身長36メートル、体重1万5千トン。多々良島に生息。翼で強風を起こす。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チャンドラー【Raymond Chandler】

1888‐1959
アメリカの探偵小説作家。シカゴ出身。イギリスで育ち第1次大戦後帰国。40歳を超えてから作家となる。ストイックで行動的な私立探偵フィリップマーローPhilip Marloweの活躍する《大いなる眠り》(1939),《プレーバック》(1958)など7編でD.ハメットと並ぶハードボイルド派の巨匠となった。生き生きした人物描写,巧妙な会話により,探偵小説を文学にまで高めた。なお,《単純な殺人芸術》(1950)に彼の探偵小説論が述べられている。

チャンドラー【Seth Carlo Chandler】

1846‐1913
アメリカの天文学者ボストンに生まれ,1861年高校を卒業後グールドB.A.Gouldの個人助手となって沿岸測地局の経度測定に加わった。後にみずからアルムキャンターという浮遊天頂儀をくふうして緯度観測を行い,91年K.F.キュストナーと相前後して緯度変化を発見し,14ヵ月のチャンドラー周期を検出した。1896‐1909年の間グールドの創刊した《The Astronomical Journal》誌の編集に携わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チャンドラー【Chandler】

〔Alfred Dupont C., Jr.〕 (1918~2007) アメリカの経営史学者。組織はつねに企業が採用する全社的戦略の重要な一部を構成しているとした。著「戦略と構造」
〔Raymond C.〕 (1888~1959) アメリカの推理作家。フィリップ=マーロウを主人公とするハード-ボイルド推理小説で知られる。作「大いなる眠り」「さらばいとしき人よ」「長いお別れ」など。
〔Seth Carlo C.〕 (1846~1913) アメリカの天文学者。変光星表を作成。地球の緯度変化とその周期(チャンドラー周期)を発見した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチャンドラーの言及

【推理小説】より

… デュパン以後の素人探偵が,あまりにも人生をゲーム視しすぎ,鼻につくほどの知性やペダンティズムを示すのに不満な現実派は,市井の泥沼で手足を汚すことを迫られる現職警官や素人探偵を主人公に置く。とくに社会不安が深刻になってきた1930年代から,タフな神経と肉体を持つ一匹狼が巨大な社会組織に立ち向かうという,いわゆる〈ハードボイルド〉小説,例えばD.ハメット,E.S.ガードナー(1889‐1970),R.チャンドラー,ロス・マクドナルド(1915‐83)など,アメリカ独特の作家の作品が広く世界中で歓迎され,同傾向の作家が各国に出現した。この種の小説の特色は,感情におぼれない,とくに女性の魅力に動かされない男の強烈な個性と,心理より行動に重点を置く簡潔な口語的文体である。…

※「チャンドラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャンドラーの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャンドラーの関連情報