コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウセンアカシジミ Coreana raphaelis

世界大百科事典 第2版の解説

チョウセンアカシジミ【Coreana raphaelis】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫。中型種で開張3.5~3.8cm。ミドリシジミ亜科に属するが,後翅の尾状突起がない。全体の色調と,初めて記載された標本の産地(朝鮮半島~アムール地方)にその名の由来がある。日本では,岩手県の陸中海岸地方と山形県の新庄地方に局部的に分布する。年1回発生し,成虫は6月下旬から7月にかけて羽化する。村落周辺の雑木林にすみ,幼虫の食樹はモクセイ科のヤチダモなどのトネリコ類。成虫の飛び方はミドリシジミ類としては比較的緩やかで,夕方に盛んに活動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウセンアカシジミ

アカシジミ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウセンアカシジミ
ちょうせんあかしじみ / 朝鮮赤小灰蝶
[学]Coreana raphaelis

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。日本では岩手、山形、新潟の各県に局部的に産する。国外では朝鮮半島、ウスリー川流域に産する。はねの開張32ミリメートル内外。はねの地色は橙(だいだい)色。本種が日本に産することが判明したのは比較的新しく昭和20年代のことで、それ以前は朝鮮産として知られていたのでこの和名がある。年1回の発生、岩手県下の産地ではその最盛期は6月下旬から7月上旬、山形県南部の小国(おぐに)町では6月中旬から下旬。成虫は午後3時ごろを中心に活動する。幼虫の食草はモクセイ科のトネリコ、コバノトネリコ。卵はこれらの樹幹上に数個かためて産み付けられ、越冬して、翌春、木の芽立ちと同時に孵化(ふか)する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チョウセンアカシジミの関連キーワードムモンアカシジミ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チョウセンアカシジミの関連情報