コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウバエ(蝶蠅) チョウバエmoth fly

世界大百科事典 第2版の解説

チョウバエ【チョウバエ(蝶蠅) moth fly】

双翅目チョウバエ科Psychodidaeに属する昆虫の総称。和名は明治のころの学者がドイツ語のSchmetterlingsmückenを訳したもので,英名とともに翅に鱗翅目昆虫(チョウ,ガ)のような鱗毛をもつハエの意味である。分類学上はハエよりもカに近縁で,日本からは約60種が記録されている。成虫の体長は1~5mm,小型のものが多く,翅には黒色または灰褐色斑紋をもち,静止するときには翅を屋根型にたたむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android