チョウバエ(蝶蠅)(読み)チョウバエ(英語表記)moth fly

世界大百科事典 第2版の解説

チョウバエ【チョウバエ(蝶蠅) moth fly】

双翅目チョウバエ科Psychodidaeに属する昆虫の総称。和名は明治のころの学者がドイツ語のSchmetterlingsmückenを訳したもので,英名とともに翅に鱗翅目昆虫(チョウ,ガ)のような鱗毛をもつハエの意味である。分類学上はハエよりもカに近縁で,日本からは約60種が記録されている。成虫の体長は1~5mm,小型のものが多く,翅には黒色または灰褐色斑紋をもち,静止するときには翅を屋根型にたたむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android