コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チングルマ

百科事典マイペディアの解説

チングルマ

イワグルマとも。バラ科の常緑小低木。北海道,本州中部以北の高山草原や湿原に群生する。茎は細く,よく分枝して地をはい,密に葉をつける。葉は7〜9個の小葉からなる羽状複葉,上面は深緑色で光沢がある。
→関連項目高山植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チングルマ【Geum pentapetalum Makino】

高山に生えるバラ科の小低木で,ダイコンソウ属の植物であるが,それとは別属にされることもある(イラスト)。高さ10cm以下,茎は地をはい,先に葉を叢生(そうせい)する。葉は羽状複葉で,小葉は4~5対,楕円形から倒卵形,常緑でやや堅く,縁には切れ込み状の鋸歯がある。7~8月,10cmほどの花茎の先に,円形の5枚の花弁をもった径2~3cmの白色の花をつける。チングルマの名は,この花を車に見たて,稚児(ちご)のようにかわいいので,稚児車から変わったともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チングルマ
ちんぐるま
[学]Sieversia pentapetala (L.) Greene

バラ科の落葉小低木。マット状に群生し、茎の下部は分枝して地表をはい、上部は直立または斜め上に伸び、高さ約10センチメートルとなる。葉は7~11枚の小葉からなる羽状複葉、革質で表面は光沢がある。6~8月、約10センチメートルの花柄に、径2~3センチメートルで白色の5弁花を1個開く。雄しべ、雌しべともに多数。花期後、花柱は伸長して3センチメートルに達し、羽状の長い毛が生える。果実は痩果(そうか)。中部地方以北の本州、北海道の高山のやや多湿地に生え、樺太(からふと)(サハリン)、千島列島、カムチャツカ、アリューシャン列島に分布する。名は、愛らしい花形に由来するチゴグルマ(稚児車)が転訛(てんか)したものといわれる。高山植物として一般的な植物で、秋の紅葉はみごとである。
 チングルマ属はアジア大陸北部からアリューシャン列島に2、3種分布し、果実時のようすはチョウノスケソウ属に似る。ダイコンソウ属と同属とする説もある。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チングルマの関連キーワードヒメチャマダラセセリダイセツタカネヒカゲアリューシャン列島秋田駒ケ岳田代山湿原弥陀ヶ原鳥海山羅臼岳平ヶ岳鬼怒沼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チングルマの関連情報