コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクバネ(衝羽根) ツクバネBuckleya lanceolata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツクバネ(衝羽根)
ツクバネ
Buckleya lanceolata

ビャクダン科の半寄生の落葉低木。日本各地の山地に生え,根は他の木の根に寄生,幹は直立し高さ1~2.5mに達する。葉は長卵形または披針形で長さ4~5cm,対生する。雌雄異株で,初夏の頃,茎頂に淡緑色の花をつける。萼片は4枚で,花弁はない。雄花は小花が散房状に集ってつき,雌花は1個ずつ頂生し,下方にある4個の包葉果実のときには長さ8~10cmに生長して,羽子板でつく羽根に似た形になることからツクバネまたはハゴノキの名がある。若葉を浸し物に,また果実を塩漬にして食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツクバネ(衝羽根)の関連キーワードビャクダン科