コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクバネ

百科事典マイペディアの解説

ツクバネ

ハゴノキとも。ビャクダン科半寄生の落葉低木。本州(関東以西)〜九州北部の山地にはえる。葉は対生し,卵形で先がとがる。雌雄異株。4〜6月,新枝の先に淡緑色の花を開く。
→関連項目寄生植物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツクバネ【Buckleya lanceolata (Sieb.et Zucc.) Miq.】

ビャクダン科の半寄生性落葉低木。山地のやや乾いたところに生え,高さ1~2mになり,枝を多く茂らせる。葉は対生し,ほとんど無柄で,長さ3~10cmの長卵形で,全縁。雌雄異株。花は淡緑色の小花で,5~6月ころ雄花は数個が枝端に散房状につき,雌花は枝端に単生する。果実は長さ約1cmの楕円形で,頂部に宿存性の苞が発達した長さ約3cmで披針形の4枚の翼をもつ。その形が羽子板遊びのつくばね(突羽根)に似ているところから,ツクバネと呼ばれるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツクバネ
つくばね / 衝羽根
[学]Buckleya lanceolata (Sieb. et Zucc.) Miq.

ビャクダン科の落葉低木。半寄生で、地中で他の樹木の根から養分の一部を補給する。高さ約2メートルで、よく分枝する。葉は対生し、長卵形から卵形、長さ約8センチメートル、全縁で先は鋭くとがり、葉柄はない。雌雄異株。雌花は枝先に単生し、雄花は散房花序をなし、枝先につく。雌・雄花とも花弁は小さく、黄緑色、萼片(がくへん)は4枚。雌花は子房下位で、子房に合着する4枚の包葉がある。雄花は4本の短い雄しべがある。果実は楕円(だえん)状卵形から卵形、長さ6~10センチメートル、頂端に4枚の包葉が残って線状披針(ひしん)形の付属体となる。これが羽子板遊びの羽根に似ており、名の由来となっており、別名ハゴノキともいう。果実はまた塩漬けにし、料理の飾りにもする。本州、四国、九州の山地の林内に生える。[古澤潔夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツクバネの関連キーワードクルマバツクバネソウイワツクバネウツギツクバネ(衝羽根)ツクバネウツギ花園衝羽根空木衝羽根谷空木ツクバネソウペチュニアカシ(樫)衝羽根日々ハゴノキ羽子の木古衝羽根豆知波利羽子伊草胡鬼の子衝羽根木胡鬼の木アベリア日々朝顔

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android