ツチクジラ(英語表記)Berardius bairdii; Baird's beaked whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツチクジラ
Berardius bairdii; Baird's beaked whale

クジラ目ハクジラ亜目アカボウクジラ科ツチクジラ属。体長は雄約 11.9m,雌約 12.8mに達する。体重は約 12tに達する。ハクジラ類ではマッコウクジラに次いで大きい。出生体長は 4.5m程度。体色は全身青みを帯びた灰色で腹部はやや薄い。胸部から腹部にかけて白斑をもつものがいる。咬傷が白色の筋となり体表に多く残る。体型は長い紡錘形で嘴 (くちばし) は長く下顎が突き出る。噴気孔は1個で頭部正中線上にあり,噴気は丸い飛沫状で高さ 2m程度上がる。咽喉部にハの字状の長さ約 60cmの溝がある。背鰭 (せびれ) は小さく,体の後方3分の2に位置し,直角三角形状で,その先端は鈍い。尾鰭は大きく,幅は体長の4分の1程度で後縁中央がわずかに切れ込む。下顎に2対の歯があり,先端にある1対の歯は性的成熟に達すると突出する。5~20頭の群れで行動することが多いが,50頭以上の群れをなすこともある。潜水時間は通常 30分程度であるがまれに1時間をこえる。繁殖期は3~4月と推測される。おもに深海性イカ類や底生魚類を食べるが,ナマコ,ズワイガニなども捕食する。分布は北太平洋に限られ,主として大陸棚斜面や海山近く,あるいはそれより深い外洋域に生息する。日本では小型捕鯨で太平洋岸の房総地方を中心に年間 150~250頭ほど捕獲されていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ツチクジラ

口先が長く、成獣は体長10メートル前後、体重10トン超。国際捕鯨委員会(IWC)の管轄外で、国際司法裁判所の判決の効力は及ばない。水産庁は年間計66頭の捕獲枠を定め、業界団体が網走(北海道)、鮎川(宮城県)、和田、太地(和歌山県)の各拠点に割り振っている。和田の枠は26頭で、外房捕と太地町漁協の捕鯨船が6月20日から8月31日までに捕獲できる。昨年の捕り残しを加えた今年の捕獲枠は30頭。

(2014-06-21 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツチクジラ【Baird’s beaked whale】

ハクジラ亜目アカボウクジラ科の哺乳類。北部北太平洋の大陸沿いに生息し,最大体長13mに達するクジラ。体は細長く丸太状で,前頭部は膨大し,前端にくちばしがある。歯は扁平な三角形をなし,1~3対が下あごの先端にあり,前端の1対が大きい。性成熟と前後して萌出する。のどの部分には八の字状の1対の溝がある。全身黒褐色ないし黒色で,腹面には白色の不規則な斑紋がある。2~30頭の群れで生活する。北半球の温帯から亜寒帯の海域に分布し,日本の太平洋岸では6月初め伊豆諸島~房総沖の水深1000~3000mの大陸斜面域に出現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチクジラ
つちくじら / 槌鯨
Baird's beaked whale
[学]Berardius bairdi

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目アカボウクジラ科のハクジラ。頭部は丸く、吻(ふん)が棒状に伸びて、頭の形が木槌(きづち)に似ている。下顎(かがく)先端部に2対のおむすび状の歯があり、ほかの歯は退化している。体の前から3分の2の位置に直角三角形の背びれがある。体色は黒灰色で、成熟した雄は頭背部に闘争による歯形がつき、その部分は淡色となる。イカ類を主として、魚類その他の底生動物を食べる。北太平洋の特産で中・高緯度の近海域に分布する。これに対し、近似種は南半球海域に分布する。数頭から30頭の群れをつくって生活し、1000メートルの深海にまで、80分間も潜水できる。日本では17世紀から捕獲され、千葉県南部ではこの鯨(げい)種の肉の塩干し品が「たれ」と称して好んで食べられる。[大隅清治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツチクジラの関連情報