コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメクサ(爪草) ツメクサSagina japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツメクサ(爪草)
ツメクサ
Sagina japonica

ナデシコ科の一年草または二年草。日本全土の庭や路傍に普通に生える小さな雑草で,東アジアの温帯から亜熱帯にかけて広く分布する。は下部から盛んに分枝して群生し,高さ5~10cmで緑色をし,葉は線形,先端は鋭くとがり長さ7~15mm,対生する2葉の基部膜状でつながり,短い鞘になっている。春から夏にかけて,茎の上部の葉腋から長い柄を出し,白色で5弁の小花を次々に咲かせる。おしべは5~10本,めしべ花柱は5個ある。葉の形が鳥の爪に似ていることからこの名がある。同属の植物でやや大きなハマツメクサ S. maximaも各地の海岸や内陸の乾いた場所にみられる。本種に比べて葉の幅も広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツメクサ【ツメクサ(爪草) Sagina japonica (Sw.) Ohwi】

庭や道端,畑にごく普通の,目立たない濃緑色のナデシコ科の雑草(イラスト)。和名は細くて曲がった葉を鳥のつめに見立ててつけられた。ツメクサ属Saginaの英名はpearlwortである。茎は基部でよく分枝して地表をはい,先は斜上して高さ5~15cm。葉は線形で長さ1~1.5cm,対生する。4~9月,葉腋(ようえき)に長い柄をもつ小さな花を一つずつつける。花は径約5mm,花弁は5枚で切れ込みはなく,白色。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のツメクサ(爪草)の言及

【クローバー】より

…マメ科,シャジクソウ属Trifoliumの多年草または一年草の総称。江戸時代,オランダから医療器具などを輸入した際,荷詰め用として日本に渡来したところからツメクサの名がある。葉は3枚の小葉からなる複葉で,葉柄は長く,茎に互生する。…

【シロクローバー】より

…牧草や芝草として利用されるマメ科の多年草。シロツメクサ(白詰草)ともいう。また単にクローバーと呼ぶ場合は,この種をさすことが多い。…

※「ツメクサ(爪草)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツメクサ(爪草)の関連キーワードイワツメクサ(岩爪草)

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android