コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルクイナ ツルクイナ Gallicrex cinerea; watercock

2件 の用語解説(ツルクイナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルクイナ
ツルクイナ
Gallicrex cinerea; watercock

ツル目クイナ科。全長雄 43cm,雌 36cm。雄の生殖羽(→羽衣)は全身灰黒色だが,背の羽毛の外縁が褐色で,胸から腹には灰色の横縞がある。下尾筒に淡色の横縞模様がある。は黄色く,赤い額板は上嘴の基部から額を覆い角状になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルクイナ
つるくいな / 鶴秧鶏
watercock
[学]Gallicrex cinerea

鳥綱ツル目クイナ科の鳥。一見バンに似た大形のクイナ。全長約35センチメートル。繁殖期の雄は全体に灰黒色で、背中の羽毛には淡色の羽縁があり、翼、腰、尾などは暗褐色である。嘴(くちばし)は黄色く、額にバンのような赤色の額板がある。非繁殖期の雄と雌は、全身暗色斑(はん)の混じった黄褐色で、赤色の額板がない。インド、中国、朝鮮半島からスラウェシ島まで分布する。温帯のものは渡り鳥で、熱帯では留鳥。日本ではまれな旅鳥であるが、九州で繁殖した記録がある。習性はバンよりクイナ類に近く、水田や湿地の草むらの中にすみ、姿をみせることは少ない。巣も水辺の草むらの中につくる。コッ、コッ、コッと鳴く。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツルクイナの関連キーワード水鶏四長雄蕊鶴擬緋水鶏姫水鶏クイナ(秧鶏)クイナモドキ(秧鶏擬)ヒクイナ(緋秧鶏)ヒレアシ(鰭足)ヤンバルクイナ(山原秧鶏)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone