コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルクイナ Gallicrex cinerea; watercock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルクイナ
Gallicrex cinerea; watercock

ツル目クイナ科。全長雄 43cm,雌 36cm。雄の生殖羽(→羽衣)は全身灰黒色だが,背の羽毛外縁が褐色で,胸から腹には灰色の横縞がある。下尾筒淡色の横縞模様がある。は黄色く,赤い額板は上嘴の基部から額を覆い角状になっている。雄の非生殖羽と雌は全身黄褐色で,暗色の斑がある。嘴は黄色く,額板は小さい。南アジアから中国東部,東アジアフィリピンスマトラ島スラウェシ島にかけて分布する。日本では琉球諸島九州地方で繁殖した記録があるほか,旅鳥(→渡り鳥)として各地でときどき観察される。水田,湿地,川岸,干拓地などに生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルクイナ
つるくいな / 鶴秧鶏
watercock
[学]Gallicrex cinerea

鳥綱ツル目クイナ科の鳥。一見バンに似た大形のクイナ。全長約35センチメートル。繁殖期の雄は全体に灰黒色で、背中の羽毛には淡色の羽縁があり、翼、腰、尾などは暗褐色である。嘴(くちばし)は黄色く、額にバンのような赤色の額板がある。非繁殖期の雄と雌は、全身暗色斑(はん)の混じった黄褐色で、赤色の額板がない。インド、中国、朝鮮半島からスラウェシ島まで分布する。温帯のものは渡り鳥で、熱帯では留鳥。日本ではまれな旅鳥であるが、九州で繁殖した記録がある。習性はバンよりクイナ類に近く、水田や湿地の草むらの中にすみ、姿をみせることは少ない。巣も水辺の草むらの中につくる。コッ、コッ、コッと鳴く。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツルクイナの関連キーワードミンクオオセグロカモメミンクウロコオリスオオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)シノリガモ(晨鳧)小頭症成都揚子山漢墓トビウサギ(跳兎)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android