コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テアナウ湖 テアナウこLake Te Anau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テアナウ湖
テアナウこ
Lake Te Anau

ニュージーランド,サウス島南西部,サウスランド地方の氷食湖群中最大の湖。面積 344km2。水深 276m。ワイアウ川によりマナプリ湖につながっている。観光地で,近くにテアナウの町がある。マナプリ湖の水力発電計画の一部として水量調節ダムが建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テアナウ‐こ【テアナウ湖】

Lake Te Anau》ニュージーランド南島南西端にある湖。フィヨルドランド国立公園内に位置する。同国第二の湖で、南北に細長い。湖岸の主な町は南端のテアナウ。周辺には絶滅危惧種の鳥タカヘが生息。西岸に土ボタル(ヒカリキノコバエの幼虫)が生息するテアナウ洞窟がある。ティアナウ湖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

テアナウ湖の関連キーワードフィヨードランド国立公園ミルフォードトラックニュージーランドマナポウリ湖ワカティプ湖土蛍の洞窟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android