コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティベスティ山地 ティベスティさんちTibesti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティベスティ山地
ティベスティさんち
Tibesti

アフリカ大陸中北部,サハラ砂漠南部の山地チャドニジェール,リビアの各国境にまたがるが,大半はチャド北西部を占める。サハラ砂漠では最も高い山地で,最高点はエミクシ山 (3415m) 。古生代の砂岩でおおわれた結晶性岩石が基盤をなし,ところどころに火山活動期の噴出岩が露出する。3本の深い涸れ谷が走り,前 5000年頃までは気候が湿潤であったことを示している。遊牧民が住む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ティベスティ‐さんち【ティベスティ山地】

Massif du Tibesti》チャド北西部の山地。サハラ砂漠南東部に位置する。新生代の火山活動によって形成された地形が多く、同国最高峰エミクーシ山がある。遊牧民のトゥブ族が居住する。先史時代の壁画が残っていることでも知られる。ティベスティ高原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ティベスティ山地【ティベスティさんち】

アフリカ北部,チャドの北西端を占める山地。標高1000〜3000m。最高峰は南東端のエミ・クーシ山(3415m)。サハラ砂漠乾燥地帯にあり,ほとんど植生のない岩山をなす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティベスティさんち【ティベスティ山地 Tibesti Mountains】

アフリカ中北部,チャド共和国北部にある山地。長さ500km,幅300kmで,最高峰はエミ・クーシ山(3415m)。住民は遊牧民のトゥブ族Toubou(Touは山,Bouは民の意)で,テダ・トゥ族Teda Tou,すなわち山のテダ族とも呼ばれる。古代ギリシアのヘロドトス《歴史》に書かれている〈穴居エチオピア人〉はこのテダ族を指す。 この山地には多くの先史時代の岩面画が遺存する。おもな遺跡はフォフォダFofoda,ティエジTiézy,カルナサヒKarnasahi,ガオルレ・ウアニアGaorlé Ouania,フォフォダ・キリFofoda‐Kiri,ベドアBédoa,タドグラTadograなど。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のティベスティ山地の言及

【サハラ砂漠】より

…西部のモーリタニア海岸では,カナリア海流(寒流)の影響で年中比較的しのぎやすい。 サハラ砂漠は平均して標高300mの台地から成るが,海面より低いジャリード塩湖Shaṭṭ al‐Jarīdや標高3400mのティベスティ山地もある。基盤岩は古い先カンブリア紀の結晶質岩で,それを若い時代の堆積物が覆っている。…

※「ティベスティ山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ティベスティ山地の関連キーワードトゥルーオナトロンウニャンガケビールボデーレ低地カメルーンアオズ地帯ボデレ低地バルダイ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android