ティルス(英語表記)Tyrus

デジタル大辞泉の解説

ティルス(Tyrus)

古代フェニキアの海港都市。前12世紀ころから地中海貿易の根拠地として繁栄、アッシリアマケドニアと争った。カルタゴはその植民市。現在のレバノン南西部の村スールにあたり、遺跡は「ティール」の名で1984年に世界遺産(文化遺産)として登録された。テュロス。ティール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ティルス【Tyrus】

レバノン、地中海の東岸に臨む古代フェニキアの都市国家。紀元前一一世紀頃から地中海貿易で繁栄。染色・ガラスなどの手工業が発達し、北アフリカに植民都市カルタゴを建設した。現在のスール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティルス
てぃるす
Tyrus

地中海東岸のフェニキア人の古代都市。遺跡は1984年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。レバノン共和国の首都ベイルートの南南西約70キロメートルにあった都市で、ギリシア人がパライ・ティロスとよんだ都市は地中海岸にあったが、現在は地続きとなっている海峡を隔てた島にも広がった。ティルスはエジプトの文書にも書かれ、『旧約聖書』にもよく現れている。ツロともよばれ、ヘロドトスは紀元前2700年ころに創設されたとしている。アマルナ時代にはエジプトに服属していたが、前11世紀からカルタゴをはじめ各地に植民地を建設し、商業・貿易都市として栄えた。ダビデ、ソロモンはエルサレムの神殿建設に木材、金銀、工匠などの援助をティルスから受け、のちにはアッシリアの宮殿建築にもティルスは参加している。前7世紀アッシリアに攻められたが征服されず、また新バビロニアも征服に失敗した。前332年アレクサンドロス大王のときに征服された。金銀細工、ガラス器、紫染料などの生産と、商業、貿易に優れ、港湾都市として繁栄した。ローマ時代にも貿易都市として活躍したが、イスラム時代になってまったく没落した。[糸賀昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ティルス

(Tyrus) 古代フェニキアの主要都市。紀元前一一~前八世紀にエジプトおよびメソポタミアとの通商で栄え、キプロス北アフリカからスペインにまで植民市を建設した。ローマ・ペルシア時代にも港湾都市・要塞として存続したが、一四世紀サラセン帝国時代に衰滅シドン南方にあたり、現在のレバノン共和国のスールの地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android