コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テイヤール・ド・シャルダン Teilhard de Chardin, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テイヤール・ド・シャルダン
Teilhard de Chardin, Pierre

[生]1881.5.1. クレルモンフェラン近郊サルスナ
[没]1955.4.10. ニューヨーク
フランスの古生物学者,哲学者。ジェルセーのイエズス会神学校で教育を受け,1911年司祭となる。第1次世界大戦までパリ自然博物館に勤め,20年パリのカトリック神学校地質学教授となる。アジア,アフリカ各地を中心に,両大戦間に行われたほとんどの科学踏査隊に加わり,なかでも 27年の北京原人発掘は有名。晩年はニューヨークで研究活動に従事。数々の実地調査から得た人類学的,生物学的知識を基盤に,無生物から人類にいたる進化を,神に向う壮大な運動としてとらえ,科学と信仰の調和を目指す哲学を打出した。主著は死後出版の『現象としての人間』 Le Phénomène humain (1955) ,『神の場』 Le Milieu divin,『自然における人間の位置』 La Place de l'homme dans la natureなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テイヤール・ド・シャルダン

フランスのカトリック神学者,古生物学者。イエズス会士。北京原人(シナントロプス)の発見にかかわったほか,アフリカでの初期人類化石の発掘にも参加している。《現象としての人間》(1955年)ほかで,キリスト教進化論を統合する壮大な思弁を展開,教皇庁から危険視されたが,近年再評価の気運が高い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テイヤール・ド・シャルダン
ていやーるどしゃるだん
Pierre Teilhard de Chardin
(1881―1955)

フランスの地質学者、古生物学者、思想家。イエズス会所属の司祭でもあった。オルシーヌに生まれる。少年時代から地質や化石について興味をもち、神学研究のかたわら実証科学の研究をも深めていった。第一次世界大戦中は担架兵として前線で活躍、戦後はパリで古生物学の研究に精進した。1923年、招かれて中国北西部の学術調査団に参加。その後もたびたび中国各地を旅行、また北京(ペキン)原人の発掘に参加し、その研究で世界的に著名な学者となった。1946年帰国、1948年フランス科学院会員に選ばれ、ついでコレージュ・ド・フランスの教授の候補にもなったが、修道会の許可が得られず断念した。1951年人類学研究のため南アフリカへ調査旅行し、それ以後最後の数年間、ニューヨークを根拠地として科学研究に携わるとともに、哲学的な論文をも執筆した。生前、教会からたびたび警告を受け、そのため世間には秘められていた彼の思想的著作が死後次々に発表されると、世界的に大きな反響が巻き起こり、そこから新しい思想の糧(かて)をくみ取ろうとする動きが科学、神学、哲学などの各界に現れた。
 真摯(しんし)な科学者として多年研究にいそしんできたテイヤールにとって、宇宙、生物、人類がいままで進化の道を進んできたことは疑いえない事実と思われたが、問題は、この人間が宇宙のなかでいったいどのような位置を占めているかを省察し、さらにその人間観がキリスト教信仰とどのようにかみ合うかを問うてみることであった。1926~1927年に書かれた『神の場』では、この現実的世界が実はキリスト教的な神の遍在を示す聖なる場所であることが説かれている。また主著『人間という現象』(1938~1940)では、物理的世界から生物的世界へ、さらにそのうえに思考力を備えた人間の世界がどのようにして成立してきたのか、またこの人類が何を目ざして進んでいきつつあるか、という未来への展望をはらんだ雄大な諸科学の総合的世界観が展開されている。[西村嘉彦]
『美田稔・高橋三義・日高敏隆・渡辺美愛他訳『テイヤール・ド・シャルダン著作集』全10巻(1968~1975・みすず書房) ▽トレモンタン著、美田稔訳『テイヤール・ド・シャルダン』(1966・新潮社) ▽C・キュエノ著、周郷博・伊藤晃訳『ある未来の座標――テイヤール・ド・シャルダン』(1970・春秋社) ▽G・H・ボードリイ著、後藤平・三嶋唯義訳『信仰と科学――テイヤール・ド.シャルダン』(1978・創造社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テイヤール・ド・シャルダンの関連キーワードシャラ・オッソ・ゴル遺跡オルドス遺跡群パオロ ソレリシャルダンパトチュカ生命の哲学宗教哲学合目的性定向進化自然哲学5月1日目的論

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android