コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドリック大王 テオドリックだいおうTheodoricus; Theodoric the Great

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドリック大王
テオドリックだいおう
Theodoricus; Theodoric the Great

[生]454/455. パンノニア
[没]526.8.30. ラベンナ
イタリアの東ゴート王 (在位 493~526) 。8歳で人質としてビザンチン帝国 (東ローマ帝国) の首都コンスタンチノープルに送られそこで成人する。その間に古典文化とゲルマン精神の結合を学んだ。 469年許されて帰国,父テオデミール王と協力してビザンチン帝国から低モエシア地方を獲得。 484年ビザンチン皇帝ゼノから執政官 (コンスル ) に任命され,イタリアに進出してベロナオドアケル軍を破った (489) 。 493年までに全イタリアを支配し,東ゴート王となり,ラベンナ東ゴート王国の都をおいた。さらに西ローマ帝国領地に定着するすべてのゲルマン人を支配しようと領域を拡大。産業,文化を保護し,湿地開拓,港湾整備の事業にあたり,またカッシオドルスボエチウスらのすぐれたローマ人を要職に用い善政を行なった。しかしボエチウスに対しては,のちにビザンチン帝国との通謀のかどで反逆罪の疑いをかけて処刑した。宗教的にはアリウス派の信仰を支持したので,ローマ人のカトリック信仰と対立し,東ゴート人とローマ人との和合は成らなかったが,ローマに対しては親ローマ政策,ゲルマン諸部族の王に対しては結婚政策をとった。『ニーベルンゲンの歌』ではベロナのディートリヒとして知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テオドリック大王の関連キーワードサンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂[ラベンナ]サンタポリナーレヌオボ聖堂フェリクス4世(3世)総合年表(ヨーロッパ)テオドリクス(大王)アナスタシウス1世ローマ史(年表)ラウレンチウステオドリック廟ディオスクルスヨハネス1世アタラリックゲピード族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android