テオフィリン(英語表記)theophylline

翻訳|theophylline

栄養・生化学辞典の解説

テオフィリン

 C7H8N4O2 (mw180.17).

 テオブロミンの異性体で,茶葉中に含まれるアルカロイド.利尿,強心作用などがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

テオフィリン【Theophyllin】

茶の葉に含まれるアルカロイドの一種。無色の結晶。カフェインに似た構造をもち、利尿薬・血管拡張薬・強心薬・喘息治療薬として用いる。 → テオブロミン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテオフィリンの言及

【興奮薬】より

…中枢神経興奮薬は薬理学的に次のように分類されている。(1)カフェイン類 チャの葉,コーヒーなどに含有されるカフェイン,テオフィリン,テオブロミンなどは化学構造も互いに類似し,共通の薬理作用を有する。カフェインは50~100mgの量で大脳皮質を興奮させ,眠気,疲労感を除去する。…

※「テオフィリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テオフィリンの関連情報