コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオフィリン theophylline

翻訳|theophylline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオフィリン
theophylline

利尿剤,血管および心筋の興奮薬として用いられるアルカロイド。化学式 C7H8N4O2 。針状晶。融点 268℃。茶の葉に少量含まれている。 (→キサンチン誘導体 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

テオフィリン

 C7H8N4O2 (mw180.17).

 テオブロミンの異性体で,茶葉中に含まれるアルカロイド.利尿,強心作用などがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

テオフィリン【Theophyllin】

茶の葉に含まれるアルカロイドの一種。無色の結晶。カフェインに似た構造をもち、利尿薬・血管拡張薬・強心薬・喘息治療薬として用いる。 → テオブロミン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテオフィリンの言及

【興奮薬】より

…中枢神経興奮薬は薬理学的に次のように分類されている。(1)カフェイン類 チャの葉,コーヒーなどに含有されるカフェイン,テオフィリン,テオブロミンなどは化学構造も互いに類似し,共通の薬理作用を有する。カフェインは50~100mgの量で大脳皮質を興奮させ,眠気,疲労感を除去する。…

※「テオフィリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

テオフィリンの関連キーワード老化にともなう呼吸器の病気と症状マクロライド系抗生物質気管支喘息治療剤テオフィリン製剤アミノフィリン要指示医薬品気管支拡張剤小児ぜんそくムレキシドシメチジン心臓性喘息徐放剤プリン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android