コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テクノストラクチュア テクノストラクチュア technostructure

翻訳|technostructure

2件 の用語解説(テクノストラクチュアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テクノストラクチュア
テクノストラクチュア
technostructure

大企業経営の実際上の意志決定に参加する実力者の一群,つまり企業内部の種々の専門家群によって組織された管理機構をさす。 J.K.ガルブレイスが『新しい産業国家』 The New Industrial State (1967) で用いた言葉で,これら一群の新しい型の経営者の行動原理は,従来の資本家的経営者のそれとは根本的に異なるというもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テクノストラクチュア
てくのすとらくちゅあ
technostructure

専門技術者や企業経営の専門家など、いわゆるテクノクラートの組織という意味である。現代の大企業において、意思決定の権限を現実に掌握している人々を示す概念として、J・K・ガルブレイスが『新しい産業国家』(1967)で用いたもので、彼の造語である。
 現代の大企業では、株式所有が分散して、個人の大株主あるいは株主集団による企業支配力は低下し、いわゆる「所有と経営の分離」が進んでいる。また、高度の技術進歩と生産単位の巨大化によって、企業の経営には、個人の能力の及びえないほどに高度で専門的な知識や判断力に基づく計画性が要求されている。ガルブレイスは、こうした現実認識から、企業における意思決定は、株式所有の有無にかかわらず、最新の技術や経営に関する高度な知識や能力ないしは経験を備えた、おのおのの分野の専門家が、集団的に担うことになる、と考えたのである。このようなテクノストラクチュアによる意思決定権の掌握は、企業だけではなく、行政や軍事などにも及ぶ。そうしたテクノクラートたちによって導入される計画化は、資本所有者たちの個別的利益からはある程度自立しており、その結果、従来の、資本の所有と非所有の関係を軸にした社会とは異なった社会構造が成立するものと、彼は考えているのである。[佐々木秀太]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テクノストラクチュアの関連キーワード会計学ゼネラルスタッフ力価コーポクラシー協業経営農業経営改善計画農業経営基盤強化促進基本構想(基本構想)農業経営の展望協業経営体《産業経営の職能とその分化》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone