コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトラリン テトラリン tetralin

3件 の用語解説(テトラリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テトラリン
テトラリン
tetralin

化学式 C10H12 。テトラヒドロナフタリンの略。ナフタリンを部分的に水素添加して得られる無色の液体。沸点 206.5~207.5℃。塗料溶剤に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テトラリン【tetralin】

テトラヒドロナフタレンの略称。ナフタレンを接触水素化して得られる芳香族炭化水素の一つ。無色の液体で,融点-35.79℃,沸点207.57℃。水に不溶,多くの有機溶媒と均一に混ざる。脱水素によりナフタレンに,水素化によりデカリンになる。酸化されやすく,空気により過酸化物を生成しやすいので保存には密閉容器を用いる。臭素と反応して臭化水素を発生するので,しばしば臭化水素の実験室的製造に利用されている。【村井 真二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テトラリン
てとらりん
tetralin

脂環式化合物の一つ。1,2,3,4-テトラヒドロナフタレンともいう。テトラリンではナフタレンの一方のベンゼン環が水素化されて飽和しているが、他方はベンゼン環のままで残っているので、脂肪族(脂環式化合物)と芳香族の両方の性質をもっている。石炭タール油中に含まれる。ナフタレンをニッケル触媒を用いて水素化しても得られる。この際強い条件(加圧・加熱)を用いるとデカリンを与える。またα(アルファ)-テトラロンの亜鉛アマルガムと塩酸によるクレメンゼン還元でも生成する。水に溶けず、一般の有機溶媒に溶ける無色液体。酸化すると無水フタル酸を与え、脱水素によってナフタレンを生成する。おもに油脂、脂肪、樹脂、ろうなどの溶剤となるほか、洗浄剤にも使われる。[向井利夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テトラリンの関連キーワードナフタナフタリンナフタレンナフタレン環ナフチルテトラヒドロビオプテリンニトロナフタレンアザナフタレンデカヒドロナフタレンテトラヒドロナフタレン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone