テペ・ガウラ(英語表記)Tepe Gawra

世界大百科事典 第2版の解説

テペ・ガウラ【Tepe Gawra】

イラク北部,モースルの北東約25kmにあって,北メソポタミア先史時代における層位関係の基準となる遺跡テペガウラは〈大マウンド〉を意味するが,長径約170m,高さ22mの楕円形をなし,付近のテルでは最大である。前5千年紀に属するハラフ期(ハラフ文化)のXX層から,前2千年紀中ごろにフルリ人が居住していたI層まで,連続して最も豊富な資料を提供している。バグダードのアメリカ東方研究学院とペンシルベニアの大学博物館とが,E.A.スパイザーとC.バーチェを交互に隊長として合同調査隊を派遣し,1931‐38年に発掘した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android