コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テペ・ガウラ Tepe Gawra

世界大百科事典 第2版の解説

テペ・ガウラ【Tepe Gawra】

イラク北部,モースルの北東約25kmにあって,北メソポタミア先史時代における層位関係の基準となる遺跡。テペ・ガウラは〈大マウンド〉を意味するが,長径約170m,高さ22mの楕円形をなし,付近のテルでは最大である。前5千年紀に属するハラフ期(ハラフ文化)のXX層から,前2千年紀中ごろにフルリ人が居住していたI層まで,連続して最も豊富な資料を提供している。バグダードのアメリカ東方研究学院とペンシルベニアの大学博物館とが,E.A.スパイザーとC.バーチェを交互に隊長として合同調査隊を派遣し,1931‐38年に発掘した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

テペ・ガウラの関連キーワードテル・ハラフウバイドウルク期黒曜石

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android