コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テペ・ガウラ Tepe Gawra

1件 の用語解説(テペ・ガウラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テペ・ガウラ【Tepe Gawra】

イラク北部,モースルの北東約25kmにあって,北メソポタミア先史時代における層位関係の基準となる遺跡。テペ・ガウラは〈大マウンド〉を意味するが,長径約170m,高さ22mの楕円形をなし,付近のテルでは最大である。前5千年紀に属するハラフ期(ハラフ文化)のXX層から,前2千年紀中ごろにフルリ人が居住していたI層まで,連続して最も豊富な資料を提供している。バグダードアメリカ東方研究学院とペンシルベニアの大学博物館とが,E.A.スパイザーとC.バーチェを交互に隊長として合同調査隊を派遣し,1931‐38年に発掘した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テペ・ガウラの関連キーワードフェスラクトースいらくらノースモーキングモスル老いらくブラーノ島モーストカラクシュイラクのクルド人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone