テラコッタ(英語表記)terra-cotta

  • terracotta
  • terracotta イタリア語
  • terracotta〈イタリア〉
  • 〈イタリア〉terracotta

翻訳|terra-cotta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彫刻用語。イタリア語で「素焼」の (→彩色テラコッタ ) 。メソポタミア,古代ギリシアエトルリアにおいてみられ,15世紀に復興し,現在も手がけられている。古代ギリシアのタナグラ人形や中国の (よう) や,日本の土偶埴輪は代表的な例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

元来はイタリア語で〈焼いた土〉の意。良質の粘土による素焼の容器や小彫塑などをいう。(うわぐすり)はかけず,赤褐色の肌(はだ)をしているのが普通。焼く前には加工しやすいが,焼成後は硬く,風雨にも耐えるので,古くは建築装飾にも用いられた。日本の土偶埴輪や,中国の俑も製法的にはテラコッタにあたる。
→関連項目エトルリア美術木内克タナグラ人形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだみの」としている。テラコッタはイタリア語で焼いた土の意味。一般に、赤土で焼いた素焼きの焼き物のようなみの薄茶色のこと。煉瓦れんがより薄く淡いイメージ。日本の埴輪はにわも広い意味ではテラコッタに含まれる。建築物の装飾に用いられることもあった。現代ではタイルとして製作されることがある。またプランターなどの色名として使われている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イタリア語で〈焼いた土〉〈素焼〉の意。一般には粘土を成形して焼いた無釉の彫像,もしくは建築用,装飾用に制作されたものをいう。テラコッタの素材である粘土は比較的容易に入手でき,また可塑性に富んでいるところから新石器時代以後メソポタミア,小アジア,エジプト,ギリシア,中国,日本,メキシコなど世界の各地で制作されている。なかでもメソポタミア地方では前3700年ころ,グロテスクな頭部をもつ裸体の男女像がつくられ,エジプトではすでに先王朝時代(前3000年以前)に素朴な小像が多数制作されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

良質の粘土を素焼きにして作った器物総称。古代ギリシアのタナグラ人形、イタリア・ルネッサンス期の胸像などの塑像や陶器類のほか、煉瓦(れんが)やタイル状のものを建築材料として外壁や床などに使用する。◇「焼いた土」の意。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原語では焼いた土、赤土焼、素焼の意。泥塑に次ぐ原始的な塑造で、石器時代から並行してつくられたと考えられる。砂質の多い鉄分を含む粗粘土で造形したものを乾燥させ、800~1000℃の低温で焼成する。古代から壺(つぼ)や瓦(かわら)、れんがなどに用いられ、メソポタミアやエジプトなどの遺跡から発見されている。日本の埴輪(はにわ)や、中国の俑(よう)などもテラコッタの一種である。とくに、ギリシアの古代都市タナグラの墓地から多く発見された小像はタナグラ人形とよばれて有名である。およそ紀元前8世紀ごろの製作で、着衣の婦人像が多く、着色もされており、当時の風俗を写実的に伝えている。またエトルリア美術における「夫妻像棺」や、神殿の屋根を飾っていた『ベイオのアポロン像』も優れたテラコッタの作品である。14世紀以後のドイツ、15世紀のイタリアでも盛んにつくられ、ドナテッロやルカ・デッラ・ロッビアの佳品が残されている。現代においてもデスピオの『クラクラ』、藤川勇造の『シュザンヌ』などはテラコッタであり、木内克(きのうちよし)も手捻(てひね)りの小品を多く残している。

[三田村畯右]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (terracotta 元来は焼いた土の意)
① 高温で粘土を焼成して作った塑像、器などの総称。釉(うわぐすり)をかけないものは黄または赤褐色。先史時代から行なわれたが、古代ギリシア末期のタナグラ人形やイタリア‐ルネサンス期の胸像彫刻、中国古代の陶俑や日本の古墳時代の埴輪などが有名。〔外来語辞典(1914)〕
② 建築物の外装に用いる装飾用の素焼きの陶器。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のテラコッタの言及

【塑造】より

…いずれの場合も,指,掌,手の触覚によって造形されるが,へら類も補助用具として用いられる。塑造の歴史は旧石器時代までさかのぼり,土器文明期には,日干しあるいは素焼きの手法によって偶像,動物像が多く製作された(テラコッタ)。泥塑像は,インド,中国,日本でも用いられた手法で,火による乾燥過程なしに空気乾燥で最終作品となっている。…

※「テラコッタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テラコッタの関連情報