コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルニ テルニ Terni

3件 の用語解説(テルニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テルニ
テルニ
Terni

イタリア中部,ウンブリア州テルニ県の県都。ローマ北北東 80km,アペニン山脈南西麓に位置し,ネラ川にのぞむ。新石器時代から集落があった地で,ローマ時代にはインテラムナ (川の間) と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テルニ【Terni】

イタリア中部,ウンブリア州の都市。人口10万8294(1994)。1894年に建設されたテルニ鉄鋼会社はイタリア中部で最大の規模で,ネラ,ベリノ川の水を利用した水力発電所の電力が工業の発展を可能にしている。新石器時代,青銅器時代から鉄器時代への過渡期の遺跡が見られ,古代ローマ時代には自治を享受し栄えた。中世を通して,近くのナルニやスポレトとの戦争が絶えず,衰退し,1420年に教皇領となった。【町田 亘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テルニ
てるに
Terni

イタリア中部、ウンブリア州テルニ県の県都。人口10万3964(2001国勢調査速報値)。ネーラ川沿いに位置する商工業都市で、紀元前7世紀にウンブリ人によって建設された。1884年イタリア近代化の牽引(けんいん)車となったテルニ鉄鋼会社が創設されたのを契機として、以後、製鉄、電力、機械、化学工業の中心地として発展している。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テルニの関連キーワードウンブリア語スポレトウンブリアオルビエートスポレートプリオリ宮殿ペルージアモンテファルコウンブリア音楽祭ウンブリア[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テルニの関連情報