テルミット法(読み)テルミットほう(英語表記)thermit process

  • thermit processaluminothermy
  • thermite process
  • テルミットほう ‥ハフ
  • テルミットほう〔ハフ〕
  • テルミット法 thermit process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルミニウムが酸化するときにそれより貴な金属の酸化物を激しく還元する現象を利用する製錬法。テルミット原義は,ドイツの化学者 H.ゴルトシュミットによって 1899年に発明された還元剤のことで,酸化鉄粉とアルミニウム粉との混剤である。これに発火剤として酸化バリウムとマグネシウム粉を混ぜて加すると急激に酸化して 2500~3000℃の高温に達する。クロムモリブデンなどの製錬の最終工程で,酸化クロム酸化モリブデンを還元するのがその例。クロム還元の場合の化学反応は Cr2O3 +2Al→2Cr+ Al2O3 で,Al2O3鉱滓となる。テルミットにはシリコンフェロシリコンなどを添加する場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルミニウムが酸化する際に発生する多量の熱を用いて金属酸化物を還元する方法。アルミノテルミー法aluminothermy process,またこの方法の発明者ゴルトシュミットH.Goldschmidt(1861‐1923)の名にちなんでゴルトシュミット法ともいう。金属酸化物にアルミニウム粉末を還元剤として混ぜて点火すると,金属は還元されると同時に,反応熱によって溶けて器底にたまり,インゴットとして得ることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

精錬法の一。クロム・マンガン・コバルトなどの金属酸化物をアルミニウムの粉末と混ぜて点火して金属を還元し、遊離させる。ドイツのゴルトシュミット(H. Goldschmidt1861~1923)が発明。ゴルトシュミット法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金属酸化物とアルミニウム粉末の混合物に点火したときのアルミニウムの酸化反応とその高温を利用し、酸化物を金属に還元する方法。1893年、H・ゴルトシュミットによって発明された。現在はフェロアロイ(合金鉄)の製造やレールの溶接などに利用されている。フェロアロイ製造法としては電気炉法と比べて建設費は低く、少量生産が可能であり、低炭素製品が得られる。ただしアルミニウムが高価であるから、高価で生産量の少ない、難還元性のフェロアロイ(低炭素フェロモリブデン、フェロバナジウム、フェロコロンビウム、金属クロム)がこの方法で製造されている。[桑名 武・原善四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 アルミニウムによる金属酸化物の高温還元反応を利用した冶金法。クロム・コバルト・マンガン・バナジウム・ウランなどの冶金、金属酸化物の還元などに用いられる。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

テルミット反応を利用した精錬法.酸化しやすい金属粉末と,還元しやすい金属酸化物粉末とを混合して着火すると,金属粉末は酸化物の酸素を奪って燃焼し,酸化物は還元されて溶融金属になる.この金属と酸化物との混合剤をテルミットといい,反応をテルミット反応という.金属粉末としてアルミニウムを使用することが多いが,ケイ素またはフェロシリコンを使用することもある.クロム,コバルト,マンガン,バナジウムの酸化物から金属を得るときの一精錬方法として使用されるが,得られる金属の純度はあまりよくない.また,アルミニウム粉末と酸化鉄粉末のテルミット反応を利用して鉄を溶接する.これをテルミット溶接といい,鉄道のロングレール敷設の際などに使用される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報