コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングチョウ Libythea celtis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングチョウ
Libythea celtis

鱗翅目テングチョウ科。前翅長 25mm内外。翅形はややタテハチョウに似て外縁が角ばる。翅表は黒褐色で前後翅に橙赤色斑がある。裏面は褐色で雲状斑があり,雄では明瞭であるが雌では不明瞭。下唇枝が大きく前方に突出するのでその名がある。幼虫はエノキの葉を食べる。成虫は年1回,5~6月頃に羽化し,翌春まで休眠する。日本全土に産し,台湾,アジア,ヨーロッパ東南部に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テングチョウ

鱗翅(りんし)目テングチョウ科の1種。開張50mm内外。黒褐色地にだいだい色の紋がある。下唇(かしん)のひげが長く前方に突出するのでこの名がある。日本全土,朝鮮,中国,台湾からインドを経てヨーロッパ南部まで分布。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テングチョウ【Libythea celtis】

鱗翅目テングチョウ科の昆虫。日本産の同科のチョウは本種のみ。特殊な横長の翅型をもち,開張は4~4.5cm。表面は濃褐色の地に朱色の紋があり,裏面は褐色で枯葉や樹皮に似る。日本全国に産し,低山帯に多い。和名と米名のsnout butterflyは頭部の下唇鬚(かしんしゆ)が長く突出していることによる。成虫で越冬し,早春から活動する。雌はエノキの芽や新芽に2~3個ずつ白い俵型の卵を産む。幼虫は体は円筒形,突起も長い毛もない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングチョウ
てんぐちょう / 天狗蝶
snout butterflyEuropean beaknettle-tree butterfly
[学]Libythea celtis

昆虫綱鱗翅(りんし)目テングチョウ科のチョウ。日本では北海道南西部より南西諸島にかけて広く分布するが、一般に多いチョウではない。しかし、場所によりその発生期には群生することがある。国外では朝鮮半島、中国、台湾よりヒマラヤ地方、ヨーロッパ南部、北アフリカにわたって分布する。はねの開張48ミリメートル内外。口器の一部である下唇鬚(かしんしゅ)は前方に長く飛び出し、テングチョウの名はこの特徴に由来する。日本産のテングチョウ科はこの1種のみ。日本本土では通常年1回の発生で、暖地では5月下旬ないし6月上旬より発生(寒冷地に向かうにつれて発生期は遅れる)、奄美(あまみ)諸島や沖縄本島では多化性。日本本土でも第2化が7、8月に出現することがある。幼虫の食草はエノキ、エゾエノキ、クワノハエノキなどニレ科のエノキ属。成虫態で冬を越す。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテングチョウの言及

【チョウ(蝶)】より

…全世界に約3500種が知られている。(9)テングチョウ科 口吻を左右から包む下唇のひげが長くのびているところから日本ではテングと命名され,世界に約10種が知られていて分布はきわめて局地的である。第三紀の化石が2種発見されていて(北アメリカ),系統的には古いチョウである。…

※「テングチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テングチョウの関連キーワードチョウ(蝶)天狗蝶白水

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テングチョウの関連情報