コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディッタースドルフ Dittersdorf, Karl Ditters von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディッタースドルフ
Dittersdorf, Karl Ditters von

[生]1739.11.2. ウィーン
[没]1799.10.24. ボヘミア,ノイホフ
オーストリアの作曲家,バイオリニスト。 1761年 C.グルックとともにイタリアへ演奏旅行して成功し,バイオリニストとしての名声を確立。ハイドンとも親交があり,シャフゴッチュ伯の楽長などをつとめたのち,70年黄金拍車賞を受けた。作品はジングシュピール『医師と薬剤師』のほか,多くの交響曲,協奏曲などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ディッタースドルフ

オーストリアの作曲家,バイオリン奏者。ウィーン生れ。同地の宮廷歌劇場楽団の一員を務めたのち,1765年−1769年M.ハイドン(F.J.ハイドン)の後任としてグロースバルダイン(ルーマニアのオラデア)の司教のもとで楽長。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ディッタースドルフ

12歳でオーストリアの宮廷に入り、そこでヴァイオリンと作曲を学び、ウィーンの宮廷劇場楽団員となった。各地の司教に仕えながらヴァイオリン演奏、作曲を行い、あらゆるジャンルにわたって多くの作品を残した。現 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディッタースドルフ
でぃったーすどるふ
Karl Ditters von Dittersdorf
(1739―1799)

オーストリアの作曲家。ウィーンに生まれる。ヒルトブルクハウゼン侯の小姓として音楽教育を受け、1761年ウィーン宮廷楽団に入る。グロースバルダイン司教宮廷楽長を経て、69年より北モラビアのヨハネスベルクにあったシャフゴーチュ伯爵の宮廷楽長となり、73年には貴族の称号を得ている。ヨハネスベルクの小劇場のため多数の作品を書いたが、代表作のオラトリオ『エステル』、オペレッタ『医者と薬剤師』などはいずれもウィーン滞在中に作曲したもの。ボヘミアのノイホーフで世を去っている。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディッタースドルフの関連キーワードベートーヴェン:ディッタースドルフのジングシュピール「赤ずきん」からのアリエッタ「昔々おじいさんが」による13の変奏曲(「赤ずきん」変奏曲)/piano soloオペラ(舞台芸術)前古典派音楽モーツァルトヴァンハル11月2日樋口隆一バンハルオペラ

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android