ディベルティメント(英語表記)divertimento

翻訳|divertimento

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディベルティメント
divertimento

音楽用語。「嬉遊曲」と訳されるイタリア語。 18世紀後半に起った室内アンサンブル,あるいはオーケストラのための多楽章の曲。元来もてなしのために作られた娯楽的要素の強い音楽であった。ハイドンモーツァルトに多くの作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ディベルティメント

イタリア語で〈遊び〉の意。嬉遊(きゆう)曲とも。18世紀中葉から後半にかけて流行した組曲風の多楽章の舞曲をさす。室内楽や管弦楽により気晴らしのための娯楽音楽として演奏され,形式上,セレナードノットゥルノノクターン),カッサシオンカッサツィオーネ)などと区別しにくい。古典派の室内楽様式の確立とともに急速にすたれたこの形式は,ルーセルバルトークストラビンスキーら20世紀の作曲家によって再び採用されることになる。→ディベルティスマン
→関連項目弦楽四重奏モーツァルト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディベルティメント【divertimento[イタリア]】

聴者と奏者の気晴しのために作られた軽い性格の多楽章形式の音楽で,18世紀中葉から後半に流行した。〈嬉遊曲〉と訳される。弦楽器のみのもの,弦に管を加えたものなどさまざまなものがあるが,各声部は独奏楽器によって奏される。この時代には新興市民と啓蒙君主の趣味を反映した屋外音楽にセレナードカサツィオーネ,ノットゥルノ,フェルト・ムジークなどがあったが,これに室内楽的なパルティータターフェルムジークなどを加えて,ディベルティメントと総称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ディベルティメント【divertimento】

一八世紀後半に愛好された器楽合奏曲。比較的短い楽章からなり、楽器編成も小さい。嬉遊曲きゆうきよく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディベルティメント
でぃべるてぃめんと
divertimentoイタリア語

西洋音楽において楽曲のタイトルに使われることば。18世紀にオーストリアや南ドイツ、とりわけウィーンの作曲家たちによって器楽曲のタイトルに好んで使われた。従来は、軽い性格をもつとか、娯楽的な作品を意味するといった面が強調され、わが国でも「嬉遊(きゆう)曲」という訳語が適用されていたが、この時期の音楽生産の全貌(ぜんぼう)がしだいに明るみに出てくるにつれ、かならずしもそうではないことがわかってきた。またこの概念は、形式とか楽器編成とか楽章配列などの点でも、なんら一定のものを意味するわけでもないことが近年指摘されている。すなわち楽器編成を例にとっても、ディベルティメントは、弦楽器だけの合奏、管楽器だけの合奏、弦楽器と管楽器の混ざった合奏、そしてそれらの多様な組合せ、クラビア(ピアノ)の入った合奏、クラビア・ソロのためなど、およそ当時のほとんどあらゆる編成で存在しえた。一方、この名称が地方的なものであることは、同一楽曲がパリや北ドイツなどではソナタとかクァルテットなどの名で伝承されていることから明らかである。そして1780年代ごろから、これまで広くディベルティメントとよばれていたのと同じ様式の楽曲が、ウィーンにおいても、その楽器編成によって、クラビア・ソナタ、トリオ、クァルテットなどとよばれるようになった。そうした新しい名称が一般化したのは、古典派の代表的で、いわば重厚なジャンルにおいてであって、その後ディベルティメントという名称は、娯楽的な軽いタイプの音楽にのみ残っていった。[大崎滋生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディベルティメントの関連情報