コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーツ ディーツDiez, Friedrich Christian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーツ
Diez, Friedrich Christian

[生]1794.3.15. ギーセン
[没]1876.5.29. ボン
ドイツの言語学者。ボン大学教授。ロマンス語派研究の基礎を築いた。著書『ロマンス諸語の文法』 Grammatik der romanischen Sprachen (3巻,1836~44) ,『ロマンス諸語語源辞典』 Etymologisches Wörterbuch der romanischen Sprachen (2巻,53) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディーツ【Friedrich Diez】

1794‐1876
ドイツの言語学者。ロマンス諸語比較文法の創始者。中世南フランスプロバンス文学を専攻していたが,ゲーテからレーヌアールの《トルバドゥール詩人の言語の比較文法》の存在を教えられ,またグリムボップの比較文法に示唆を受け,イタリア語スペイン語フランス語ルーマニア語など,ロマンス諸語といわれる言語が,俗ラテン語にさかのぼることを立証して,ロマンス諸語比較文法の祖となった。弟子にフランスのガストンパリススイスアドルフ・トブラーらがいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディーツ
でぃーつ
Robert Sinclair Dietz
(1914―1995)

アメリカの地質学者、海洋学者。海洋底拡大説の提唱者の一人。ニュー・ジャージーウェストフィールド生まれる。イリノイ大学で学位を取得(1941)し、有名な海洋地質学者シェパードFrancis Parker Shepard(1897―1985)に師事した。大陸周辺、深海の海底地形や地質、海のスリックslick(海面の縞(しま)模様のこと)などに関する研究がある。1953年(昭和28)、フルブライト研究者として東京大学に留学し、海上保安庁水路部においても研究を行った。このとき第五海洋丸遭難の原因となった明神礁(みょうじんしょう)爆発音の海中における伝播(でんぱ)を研究し、さらに北西太平洋海山列(天皇海山列)の個々の海山に「神武(じんむ)」「綏靖(すいぜい)」「安寧(あんねい)」……と歴代天皇の名をつけたので有名。1961年、大洋の新しい海洋底は中央海嶺(かいれい)に沿う地殻の発散によってつくられつつあるという海洋底拡大説を唱えた。とくに「海洋底拡大」sea-floor spreadingは彼の造語といわれる。ヘス、ヘーゼンとともに、この理論提唱者の一人である。1977年よりアリゾナ州立大学の地質学教授を務めた。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ディーツの関連キーワード知識学ロベスピエールロベスピエールサボリペリー葛飾北斎東洲斎写楽クリスチャンボー城共和暦第三年憲法クートン

ディーツの関連情報