コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デイコ(梯沽) デイコErythrina indica; coral tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デイコ(梯沽)
デイコ
Erythrina indica; coral tree

マメ科の高木。インド原産で沖縄,八丈島,九州南部で栽植される。幹は太く瘤状の凹凸があり,高さは 10mにもなって,樹皮は灰白色をしている。枝には太いとげがある。葉は3出複葉で小葉は長さ 10cmほどの楕円形,葉縁は全縁である。春,葉にさきがけて,枝先に総状花序をなし,鮮かな赤色の蝶形花を密につける。花は斜め下方を向き花序の下方から順に開花する。おしべは 10本で上方の1本だけが短く,下方の9本は花糸の基部で癒着し1束になる。果実は長さ 30cmほどの莢になり毛はない。日本ではあまり結実しない。沖縄ではこれをデーグと呼び,県花となっている。この属の植物は新旧両大陸の熱帯地方にあり,そのうちの1種アメリカデイコ E. americanaは寒さに強いので日本の本州でも庭園樹として栽植される。また小笠原諸島にはごく近縁の特産種ムニンデイコ E. boninensisがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デイコ【デイコ(梯沽) coral tree】

熱帯のマメ科の落葉高木で,濃赤色の蝶形花を裸の木の枝先に密につけ美しい。木はじょうぶで育ちやすく,街路樹,庭園木として植えられている。沖縄県の県花として有名である。原産地東南アジアとされていて,インドには野生のものが多い。高さ10~20mぐらいで,幹や枝に黒く太いとげがある。沖縄では春,熱帯圏では乾季の終りごろ,枝先に長さ30cm内外の総状花序をつけ,長さ6cmぐらいの濃赤色の蝶形花を密生する。花が終わると新しい葉がでて,樹陰をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデイコ(梯沽)の言及

【曼陀羅華】より

…忉利天,極楽世界,さまざまな仏国土を荘厳する花樹としても登場する。サンスクリットのマンダーラバmandāravaの音写で,モデルはマメ科のデイコとされる。樹高は20mにも達し,初夏(インドでは3~4月)には深紅色から紫紅色の花を長さ30cm内外の総(ふさ)状につける。…

※「デイコ(梯沽)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android