デナリ(英語表記)Denali

知恵蔵miniの解説

デナリ

米国アラスカ州にある山。標高6168メートルの北米大陸最高峰。名称は先住民族の言葉で「偉大なもの」の意。1896年、当時の大統領候補で、後に第25代大統領を務めたウィリアム・マッキンリーにちなみ「マッキンリー」と名付けられた。しかし、先住民族の古くからの呼称を山の公式名称にするよう、アラスカ州政府が1975年より連邦政府に働き掛けた結果、2015年8月、現名称の「デナリ」に改められた。

(2015-9-2)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デナリ
Denali

アメリカ合衆国,アラスカ州中南部,アラスカ山脈のほぼ中央にそびえる山。旧称マッキンレー山。標高 6190m。北アメリカ大陸の最高峰。北側および西側斜面は急勾配であるが,南斜面はゆるやかである。山体の上部 3分の2は万年雪と氷に覆われ,多くの氷河を涵養している。1794年にイギリスの海洋探検家ジョージ・バンクーバーがこの山を海上から望見している。1896年ウィリアム・A.ディッキーがこの地方で金鉱を探索中に発見し,ウィリアム・マッキンレー大統領の名前にちなんでマッキンレー山と命名。山頂は北峰と南峰の 2峰からなり,1913年にハドソン・スタックとハリー・カーステンスらの隊が南峰初登頂に成功した。1917年には北斜面を中心にマッキンレー山国立公園に指定されたが,1980年デナリ国定記念物と合わせ,デナリ国立公園に指定された。2015年8月,公式名称がアメリカ先住民(→北アメリカインディアン)の呼称デナリ(偉大な存在)に変更された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

デナリ

〘名〙 (denarii (denarius の複数形)) 古代ローマの銀貨で、貨幣の単位。アウレウス金貨の二五分の一。紀元前二六九年に初鋳造。当時一デナリウスが兵士や農夫の一日の賃金に相当した。
※引照新約全書(1880)馬太伝福音書「彼等デナリ一をイエスに携来(もちきた)りしに」

デナリ

(Denali) 「マッキンリーさん(━山)」のアメリカ・インディアンの間での名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のデナリの言及

【マッキンリー[山]】より

…アメリカ合衆国アラスカ州中南部,アラスカ山脈の主峰で,大規模な山岳氷河景観が見られる。インディアンの言葉で〈偉大なもの〉〈高いもの〉を意味するデナリDenaliとも呼ばれ,付近一帯はデナリ国立公園(1917指定)となっており,クマ,カリブー,オオカミなどの野生動物も見られる。遊覧飛行,スキーなどの観光地としても知られる。…

※「デナリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デナリの関連情報