コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュビビエ デュビビエDuvivier, Julien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュビビエ
Duvivier, Julien

[生]1896.10.8. リール
[没]1967.10.31. パリ
フランスの映画監督。初め舞台の仕事にたずさわっていたが,1919年監督となった。トーキー時代に入って,『にんじん』 Poil de Carotte (1932) ,『商船テナシチー』 le Paquebot Tenacity (34) などの佳作のあと,脚本家 C.スパークコンビを組んで次々と傑作を発表,ペシミスティックな運命のドラマを得意とし,30年代のフランス映画を代表する一人となった。主作品『地の果てを行く』 La Bandèra (35) ,『我等の仲間』 La Belle Èquipe (36) ,『望郷』 Pépé le Moko (36) ,『舞踏会の手帖』 Un Carnet de Bal (37) ,『旅路の果て』 La Fin du Jour (39) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デュビビエ

フランスの映画監督。J.ルナール原作《にんじん》(1932年)など文芸映画の佳作が多い。《地の果てを行く》(1935年),《望郷》(1937年),《舞踏会の手帖》(1937年)などにより,1930年代のフランス映画を支えた。
→関連項目ギャバンタンスマンにんじん

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デュビビエ【Julien Duvivier】

1896‐1967
フランスの映画監督。映画史家ジョルジュ・サドゥールが〈詩的リアリズム〉と名付けたスタイルによって,ルネ・クレールジャンルノアールジャックフェデル,マルセル・カルネと並ぶ1930年代の〈フランス映画の五大巨匠〉の一人に数えられ,国際的もに評価が定着している。とくに日本では圧倒的な人気と高い評価で,《にんじん》(1932),《白き処女地》(1934),《地の果てを行く》(1935),《我等の仲間》(1936),《望郷》《舞踏会の手帖》(ともに1937),《旅路の果て》(1939)などはフランス映画の珠玉の名作として多くの人々に記憶されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デュビビエ【Julien Duvivier】

1896~1967) フランスの映画監督。作風はペシミスティック。作品「モンパルナスの夜」「商船テナシチー」「我等の仲間」「望郷」「舞踏会の手帖」「旅路の果て」「巴里の空の下セーヌは流れる」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュビビエ
でゅびびえ
Julien Duvivier
(1896―1967)

フランスの映画監督。舞台の俳優、監督を経て、映画の助監督から1919年『アセルダマ』で監督になった。サイレント時代にめぼしい作品は残さなかったが、トーキーになってから技巧派の面目を発揮し、多様な作品を発表した。『にんじん』(1932)、『白き処女地』(1934)、『地の果てを行く』(1935)、『我等(われら)の仲間』『望郷』(1936)、『舞踏会の手帖(てちょう)』(1937)、『旅路の果て』(1939)などの最盛期に日本ではとくに好評を得た。第二次世界大戦中はアメリカで製作、戦後はフランスに戻って『巴里(パリ)の空の下セーヌは流れる』(1951)、『陽気なドン・カミロ』(1952)、『埋もれた青春』(1953)、『殺意の瞬間』(1955)など旺盛(おうせい)な製作活動を続けたが、ヌーベル・バーグの台頭と入れ替わるように後退した。題材もスタイルも多様で、悲劇も喜劇もサスペンス劇も宗教劇も職人的によくこなしたが、根底にはペシミズムを宿し、期待に始まり絶望に終わるドラマが主流を占めた。[登川直樹]

資料 監督作品一覧

アセルダマ 血の代償 Haceldama ou Le prix du sang(1919)
資本家ゴルダー David Golder(1930)
五人の悪い紳士 Les cinq gentlemen maudits(1931)
カイロの戦慄(せんりつ) Die fnf verfluchten Gentlemen(1931)
巴里・伯林(ベルリン) Allo Berlin? Ici Paris!(1932)
にんじん Poil de carotte(1932)
モンパルナスの夜 La tte d'un homme(1933)
商船テナシチー Le paquebot Tenacity(1934)
白き処女地 Maria Chapdelaine(1934)
ゴルゴダの丘 Golgotha(1935)
巨人ゴーレム Le Golem(1935)
地の果てを行く La Bandera(1935)
我等の仲間 La belle quipe(1936)
シュヴァリエの流行児 L'homme du jour(1936)
望郷 Pp le Moko(1936)
舞踏会の手帖 Un carnet de bal(1937)
グレート・ワルツ The Great Waltz(1938)
旅路の果て La fin du jour(1939)
幻の馬車 La charrette fantm(1939)
リディアと四人の恋人 Lydia(1941)
運命の饗宴(きょうえん) Tales of Manhattan(1942)
わが父わが子 Untel pre et fils(1943)
肉体と幻想 Flesh and Fantasy(1943)
逃亡者 The Impostor(1944)
パニック Panique(1946)
アンナ・カレニナ Anna Karenina(1948)
神々の王国 Au royaume des cieux(1949)
巴里の空の下セーヌは流れる Sous le ciel de Paris(1951)
陽気なドン・カミロ Petit monde de Don Camillo(1952)
アンリエットの巴里祭 La fte Henriette(1952)
ドン・カミロ頑張る Le retour de Don Camillo(1953)
埋もれた青春 L'affaire Maurizius(1953)
わが青春のマリアンヌ Marianne de ma jeunesse(1955)
殺意の瞬間 Voici le temps des assassins…(1955)
殺人狂想曲 L'homme l'impermable(1957)
奥様ご用心 Pot-Bouille(1957)
私の体に悪魔がいる La femme et le pantin(1959)
自殺への契約書 Marie-Octobre(1959)
並木道 Boulevard(1960)
フランス式十戒 Le diable et les dix commandements(1962)
火刑の部屋 La Chambre ardente(1962)
めんどりの肉 Chair de poule(1963)
悪魔のようなあなた Diaboliquement vtre(1967)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデュビビエの言及

【望郷】より

…1937年製作。《地の果てを行く》(1935),《我等の仲間》(1936)につづくジュリアン・デュビビエ監督作品。パリ警察の元警部の小説をもとにしてアンリ・ジャンソンが脚本を書き,ジャン・ギャバンが主演したデュビビエの代表作の一つ。…

※「デュビビエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュビビエの関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュビビエの関連情報