コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・シーカ De Sica, Vittorio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・シーカ
De Sica, Vittorio

[生]1902.7.7. ソーラ
[没]1974.11.13. パリ
イタリアの映画監督,俳優。初め俳優だったが,1940年代以後は監督としても数々の名作を発表,ネオレアリズモ映画の代表的監督となった。リアルな映像にあふれる香り高いヒューマニズムは,世界の映画人に大きな影響を与えた。主要作品『靴みがき』 Sciuscia (1946) ,『自転車泥棒』 Ladri di Biciclette (48) ,『ミラノの奇蹟』 Miracolo a Milano (51) ,『ウンベルトD』 Umberto D (52) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デ・シーカ

イタリアの映画監督,俳優。舞台・映画に出演したが,1939年から監督も行い,C.サバティーニ脚本の《靴みがき》(1947年),《自転車泥棒》(1948年)でネオレアリズモの代表者の一人となる。
→関連項目バッサーニマストロヤンニローレン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・シーカ
でしーか
Vittorio De Sica
(1901―1974)

イタリアの映画監督、俳優。7月7日フロジノーネのソーラに生まれたが、幼時は父の出身地ナポリで育つ。初めローマの独立劇団で俳優、歌手として名をなす。映画界進出もまず俳優としてであり、1930年代にはマリオ・カメリーニ監督の『殿方は嘘(うそ)つき』(1932)、『ナポリのそよ風』(1937)などで、軽妙かつほろ苦い喜劇の二枚目スターとしてイタリア国内の人気をよんだ。1940年代には『紅ばら』(1940)など自らも監督の道を歩み、『子供たちは見ている』(1942)で優れた脚本家チェーザレ・ザバッティーニCesare Zavattini(1902―89)と出会い、高揚期がくる。『靴みがき』(1946)は第二次世界大戦直後のローマの浮浪児たちの生活を描き、続く『自転車泥棒』(1948)は、ロッセリーニ監督の『無防備都市』(1945)とともに、初期ネオレアリズモ不朽の名作となった。いずれの作品も現実を限りなく凝視し、その現実が語り出す精緻(せいち)な人間感情が感動をよんだ。『ミラノの奇蹟(きせき)』(1951)は立ち退きを迫られたスラムの生活を寓話(ぐうわ)化し、『ウンベルトD』(1952)では老官吏の孤独な生活を比類のないリアリズムで描いた。俳優としては『ロベレ将軍』(1959)で、前科者の偽将軍がレジスタンスを闘った本物として銃殺される人間像に名演技をみせた。『終着駅』(1953)、『屋根』(1956)、『ひまわり』(1969)、『旅路』(1974)と佳作を監督した彼は、生まれながらの俳優といわれるナポリ気質に、現実凝視が渾然(こんぜん)一体となった映画人であった。1974年11月13日没。[鳥山 拡]

資料 監督作品一覧

紅ばら Rose scarlatte(1940)
金曜日のテレーザ Teresa Venerd(1941)
子供たちは見ている I bambini ci guardano(1942)
靴みがき Sciusci(1946)
自転車泥棒 Ladri di biciclette(1948)
ミラノの奇蹟 Miracolo a Milano(1951)
ウンベルトD Umberto D.(1952)
終着駅 Stazione Termini(1953)
屋根 Il tetto(1956)
ふたりの女 La ciociara(1960)
ボッカチオ’70~「くじ引き」  Boccaccio '70 - La riffa(1962)
アルトナ I sequestrati di Altona(1963)
黄金の五分間 Il boom(1963)
昨日・今日・明日 Ieri, oggi, domani(1963)
あゝ結婚 Matrimonio all'italiana(1964)
華やかな魔女たち Le streghe(1966)
紳士泥棒 大ゴールデン作戦 Caccia alla volpe(1966)
恋人たちの世界 Un mondo nuovo(1966)
女と女と女たち Woman Times Seven(1967)
恋人たちの場所 Amanti(1968)
ひまわり I girasoli(1969)
悲しみの青春 Il giardino dei Finzi Contini(1970)
旅路 Il viaggio(1974)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デ・シーカの関連キーワードジュゼッペ マロッタソフィア ローレン昨日・今日・明日ザバッティーニたそがれの女心ネオリアリズムビスコンティイタリア映画ゼッフィレリ悲しみの青春デ・シーカロベレ将軍ふたりの女マロッタ屋根

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デ・シーカの関連情報