コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウゾクカモメ トウゾクカモメ Stercorarius pomarinus; pomarine skua

3件 の用語解説(トウゾクカモメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウゾクカモメ
トウゾクカモメ
Stercorarius pomarinus; pomarine skua

チドリ目トウゾクカモメ科。全長 65~78cm(中央の長い尾羽を含む)。体形はカモメに似ているが,尾羽は中央の 2枚がほかより長くて先がふくらみ,特殊な形をしている。頭と背面は黒褐色で下面は白い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トウゾクカモメ

トウゾクカモメ科の鳥。翼長35cm。腹面や頸(くび)が白い淡色型,全身暗褐色の暗色型とがある。ユーラシア大陸および北米の極北部で繁殖し,冬は南へ渡る。日本では旅鳥として4〜5月ころ,北海道,本州北部の太平洋沖合にみられるが,陸地に近づくことはまれ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウゾクカモメ
とうぞくかもめ / 盗賊鴎
skuajaeger

広義には鳥綱チドリ目トウゾクカモメ科に属する海鳥の総称で、狭義にはそのうちの一種をさす。この科Stercorariidaeの仲間は、全長45~65センチメートル、外形はカモメ類に似るが、初列風切(かざきり)の基部が白く、繁殖羽では中央尾羽が長く伸びる種があることなどが異なる。飛翔(ひしょう)性のグループで、ほかのカモメ・アジサシ類を追い襲って、餌(えさ)を吐き出させ、それを空中で受け止めて横取りする習性をもつことから、この名がつけられた。
 世界に5種いて、すべて極地とその周辺で繁殖する。最大種はオオトウゾクカモメStercorarius skuaで、北極に近いアイスランド、イギリス北部で繁殖し、南極周辺の島でも多数繁殖する。南極大陸で営巣する種ナンキョクオオトウゾクカモメS. maccormickiは、夏季、北太平洋に渡ってくる。残る3種は北極ツンドラ湿原や沿岸で繁殖し、それぞれに特徴のある中央尾羽をもつ。繁殖後、大陸沿岸沖合いを南に移動する長距離の渡りをし、南半球で越冬する。種のトウゾクカモメS. pomarinusとシロハラトウゾクカモメS. longicaudusは内陸ツンドラで繁殖し、小形の哺乳(ほにゅう)類をとらえて食べる。タビネズミが大発生するとそこに集まって繁殖する。クロトウゾクカモメS. parasiticusは海岸や沖に出て採食し、内陸湿地には入らない。自らも魚類をとらえるが、アジサシ類などから餌を横取りすることが多い。海上では群れることはなく、一羽ずつ分散して生活し、横取りするとき競争になるのを避けて、食物寄生の効率を高めている。これらトウゾクカモメ類には、胸から腹が白い淡色型と、全身が黒褐色の暗色型とがある。この羽色の多型現象は遺伝的で、中間型もみられる。しかし、似た羽色のものどうしがつがいになる傾向がある。その生態的な意味はよくわかっていないが、捕食、略奪の採餌(さいじ)法と関係していると考えられる。トウゾクカモメ類は、日本ではおもに春と秋の渡りのときに太平洋岸沖でみられる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トウゾクカモメの関連キーワードオオトウゾクカモメ盗賊鴎・盗賊鷗白鴎背黒鴎盗賊鴎フランクリン鴎カモメ(鷗)トウゾクカモメ(盗賊鷗)クロトウゾクカモメシロハラトウゾクカモメ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トウゾクカモメの関連情報