コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トダシバ

3件 の用語解説(トダシバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トダシバ

イネ科の多年草。日本全土,東アジアの野原や路傍に普通にはえる。長い地下茎をもち,茎は高さ60〜130cm,葉は広線形となる。花穂は大きい円錐状でまばらに小枝を分かち,8〜10月に開花する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トダシバ【Arundinella hirta (Thunb.) C.Tanaka】

至るところの草原に普通に見られるやや大型のイネ科の多年草(イラスト)。バレンシバともいう。長く横にはった硬い根茎がある。茎は直立して硬く,高さは60~130cm,少数の節がある。葉は線形で,長さ30cm前後,幅は1cmくらいで,葉鞘(ようしよう)とともに多くは毛がある。花期は8~10月。花序は長さ10~30cmの円錐花序で,まばらに散開し,長短不同の枝を分かって,小枝の上にやや密に小穂をつける。小穂には短い柄があり,紫色,紫褐色または白緑色で,長さ3.5~4.5mm,2個の小花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トダシバ
とだしば / 戸田芝
[学]Arundinella hirta (Thunb.) C. Tanaka

イネ科の多年草。根茎は発達し、地中をはう。稈(かん)は株立ちし、葉は多少毛がある。8~10月、稈頂に円錐(えんすい)花序をつける。小穂は長さ3.5~4.5ミリメートル、2個の小花があり、芒(のぎ)はあってもごく短い。第4穎(えい)は小さく、基部に短い束毛がある。日当りのよい丘陵に普通に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、ウスリーに分布する。名は、東京近郊の埼玉県戸田原に多くみられることによる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トダシバの関連キーワードウズラ至る所切り袴猩猩蜻蛉赤山蟻後架虻随所変人アルミナ質ラテライト火山地溝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トダシバの関連情報