コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トト Thoth

デジタル大辞泉の解説

トト(Thoth)

エジプト神話の神。文芸暦法科学の神で、朱鷺(とき)の頭をした姿で表される。トート

トト(toto)

《イタリアのサッカーくじトトカルチョ」から》スポーツ振興のための財源確保を目的として行われる、日本のサッカーくじ。主にJリーグの試合を対象とし、勝ち負けや得点数などを予想して投票券を購入する。19歳未満の者は購入禁止。スポーツ振興くじ。正式名称はスポーツ振興投票

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トト【toto】

〔イタリア語で払戻所などの意〕
スポーツ振興くじの愛称。指定試合のそれぞれについて、試合結果を予想する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トト
とと
Thoth

エジプト神話の知恵の神。男神。配偶神はセシャト。トトというのはギリシア読みで、原語ではジェフティとよばれ、エジプト象形文字ではしばしば同じ音をもつイビス鳥(「朱鷺(とき)」の一種)で示される。神像としては、頭上に新月と円盤、手に書板と筆を持つ、イビス鳥の頭の人身や、犬頭人身などの姿で表され、『死者の書』ではオシリスの前でヒヒの姿となって死者の生前の魂の善悪を記録している。トトの起源は、神像に伴う新月が示すようにおそらく月神と思われ、ここから月日の計算、すなわち計測の神、さらには知識一般の神と考えられるようになったと推察される。のちにギリシア人は、この神を同じ知識の神であるヘルメスと同一視し、トト神崇拝の中心地である南エジプトのフムン(エスネ)をヘルモポリスとよんだ。トト(ヘルメス)信仰はエジプト全土に及んだ。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トトの関連キーワード「ニュー・シネマ・パラダイス」グレッグ フィリンゲインズロザンナ スキャッフィーノジャコ・ヴァン ドルマル岐阜県世界淡水魚園水族館岐阜県各務原市川島笠田町ジョセフ ウィリアムズトンティエン(通天)河タンラ(唐古拉)山脈スティーブ ルカサーヘルモポリス・マグナナイルのほとりの物語オンライントレードエットーレ スコラボズ スキャッグスジャック ペランケアーン・テリアてっぺんかけたかオズの魔法使いトト(沱沱)川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トトの関連情報