コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビ(鳶) トビ

百科事典マイペディアの解説

トビ(鳶)【トビ】

タカ科の鳥。翼長50cm。全身暗褐色で,他のタカ類と異なり,尾はくさび形。ユーラシア大陸,アフリカオーストラリアニューギニア等に広く分布し,日本では全国に留鳥として生息,特に小山に近い海岸に多い。
→関連項目タカ(鷹)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トビ【トビ(鳶) black kite】

タカ目タカ科の鳥(イラスト)。俗にトンビとも呼ばれる。アフリカ,ユーラシア大陸,オーストラリアに広く分布し,平地から低山の林にすむ。日本でもいちばんふつうのタカで,全国各地で見られる。タカとしてはくちばしも脚もとくに発達しておらず,河原や海岸などで動物の死体をあさることが多い。全長約65cm。全身褐色で,上面は濃く,下面は淡い。尾の先端の中央が切れ込んでいて,飛翔(ひしよう)しているときには三味線のばち形に見えるのが特徴。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

トビ(鳶)の関連キーワードヒガンバナ(彼岸花)ベーカー=ナン・カメラミズカンナワオキツネザルワサビダイコン(山葵大根)カザリドリカニクイザル層別刈取法ソクシンラン(束心蘭)平板測量